定番

シングルテイク セッションエール

音楽は女神である。世の中のさまざまなことにとって、そして、このビールにとっても…。ノーカット、編集なしの“シングルテイク”。ベルギー酵母で発酵させた、このセッションエールは、躍動感があり爽やかで、素晴らしくアロマティックだ。

スペック

アルコール度数 4.5%
初期比重 11.0
最終比重 3.0
苦み (IBU) 16
色 (SRM) 6.0
https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/10/singletake-1-320x539.png

定番

シングルテイク セッションエール

https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/10/singletake-1.png

音楽は女神である。世の中のさまざまなことにとって、そして、このビールにとっても…。ノーカット、編集なしの“シングルテイク”。ベルギー酵母で発酵させた、このセッションエールは、躍動感があり爽やかで、素晴らしくアロマティックだ。

スペック

アルコール度数 4.5%
初期比重 11.0
最終比重 3.0
苦み (IBU) 16
色 (SRM) 6.0
https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/09/singletake-320x320.png

ラベルは語る

ブライアンは長いこと、二―ル・ヤングのファンであり称賛者でもある。彼の「シングルテイク」スタイルのレコーディングから、加工していない本物でありのままのクオリティのサウンドが生まれるのだ。そして、このクオリティこそ、私たちがベアードビールで追及しているものなのだ。ラベルの絵は、1989年ニール・ヤングの“Rocking in the Free World.”のライブにインスパイアされたものだ。

ラベルは語る

https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/09/singletake-320x320.png

ブライアンは長いこと、二―ル・ヤングのファンであり称賛者でもある。彼の「シングルテイク」スタイルのレコーディングから、加工していない本物でありのままのクオリティのサウンドが生まれるのだ。そして、このクオリティこそ、私たちがベアードビールで追及しているものなのだ。ラベルの絵は、1989年ニール・ヤングの“Rocking in the Free World.”のライブにインスパイアされたものだ。

ブライアンのコメント

私は、ビールを毎日飲むのが大好きだ。ホップからビールに分け与えられた素晴らしいアロマと風味を大いに楽しむのである。シングルテイク セッションエールは、アルコール度数がほどよく、ホップのキャラクターに満ちているから、毎日楽しむビールの、お気に入りのひとつである。

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッド・ピルスナー、ライ、サワー、キャラメル
非麦芽 ローストバーレィ
糖類 国産氷砂糖
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウスベルギー酵母

ブライアンの醸造ノート

酵母は、ビールの中で変形力のある成分。ブルワ―は麦汁を醸造し(一定の温度のもと、水と挽いた穀物を混ぜて造った砂糖水)、酵母は、この麦汁を発酵させるのである(糖分を分解し二酸化炭素とアルコール、第 3 の味特有なフレーバーに変化させせる)。ビール酵母は、大きく 2 つのカテゴリーに分類される。それは、エール酵母(サッカロミケス・ケレウィシェ)とラガー酵母(サッカロミケス・パストリアヌス)。エール酵母界には、無数の株があり、ベルギー系のものは特徴のあるフレーバーを造り出す傾向にあり、フルーツとスパイスの刺激的な麗しい香りは個性に富んでいる。

ベアードビールを造るにあたって、私たちは酵母をビールからろ過しない製法を選択した。瓶や樽などの容器の中で二次発酵するよう、酵母を残したままにしたのである。その過程で密で細かい、自然な発泡性が生まれ、時間の経過とともに起きる酸化を防ぐ役割もあるのだ。

シングルテイク セッションエールは、フルーティーでスパイシーでコショウのような特徴を持つベルギー・ウィットビール系の酵母で発酵させた。一般的なベルギー・エールに比べ、低アルコールでホップの豊かな風味と香りのシングルテイクは、ベルギー酵母発酵エールの独特な世界の中にあって飲み飽きずに何杯でも飲める素晴らしいスタイルである。

ブライアンのコメント

私は、ビールを毎日飲むのが大好きだ。ホップからビールに分け与えられた素晴らしいアロマと風味を大いに楽しむのである。シングルテイク セッションエールは、アルコール度数がほどよく、ホップのキャラクターに満ちているから、毎日楽しむビールの、お気に入りのひとつである。

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッド・ピルスナー、ライ、サワー、キャラメル
非麦芽 ローストバーレィ
糖類 国産氷砂糖
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウスベルギー酵母

ブライアンの醸造ノート

酵母は、ビールの中で変形力のある成分。ブルワ―は麦汁を醸造し(一定の温度のもと、水と挽いた穀物を混ぜて造った砂糖水)、酵母は、この麦汁を発酵させるのである(糖分を分解し二酸化炭素とアルコール、第 3 の味特有なフレーバーに変化させせる)。ビール酵母は、大きく 2 つのカテゴリーに分類される。それは、エール酵母(サッカロミケス・ケレウィシェ)とラガー酵母(サッカロミケス・パストリアヌス)。エール酵母界には、無数の株があり、ベルギー系のものは特徴のあるフレーバーを造り出す傾向にあり、フルーツとスパイスの刺激的な麗しい香りは個性に富んでいる。

ベアードビールを造るにあたって、私たちは酵母をビールからろ過しない製法を選択した。瓶や樽などの容器の中で二次発酵するよう、酵母を残したままにしたのである。その過程で密で細かい、自然な発泡性が生まれ、時間の経過とともに起きる酸化を防ぐ役割もあるのだ。

シングルテイク セッションエールは、フルーティーでスパイシーでコショウのような特徴を持つベルギー・ウィットビール系の酵母で発酵させた。一般的なベルギー・エールに比べ、低アルコールでホップの豊かな風味と香りのシングルテイクは、ベルギー酵母発酵エールの独特な世界の中にあって飲み飽きずに何杯でも飲める素晴らしいスタイルである。