Monthly Style Series

ホップハボック
インペリアルペールエール

ホップのフレーバー、アロマ、苦み、全てが主張していながら、調和も取れている。フルーツやハーブ、スパイスなどの個性が複雑に混在している。

スペック

アルコール度数 6.5%
初期比重 13.5
最終比重 2.0
苦み (IBU) 80
色 (SRM) 4.0
https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/beer_seasonal_img13_hophavocimperial.png

ホップハボック
インペリアルペールエール

https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/beer_seasonal_img13_hophavocimperial.png

ホップのフレーバー、アロマ、苦み、全てが主張していながら、調和も取れている。フルーツやハーブ、スパイスなどの個性が複雑に混在している。

スペック

アルコール度数 6.5%
初期比重 13.5
最終比重 2.0
苦み (IBU) 80
色 (SRM) 4.0
https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/hophavoc-320x320.png

ラベルは語る

ホップの仲間達が愉快に大いに楽しんでいる姿を想像してみてください。このパーティには、モルトも酵母も水も誘われていません。ホップのみ!このパーティは、そしてこのビールも、ホップ狂(HAVOC)のためのもの!漢字はこの大騒ぎを現す「混乱」を用いた。

ラベルは語る

https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/hophavoc-320x320.png

ホップの仲間達が愉快に大いに楽しんでいる姿を想像してみてください。このパーティには、モルトも酵母も水も誘われていません。ホップのみ!このパーティは、そしてこのビールも、ホップ狂(HAVOC)のためのもの!漢字はこの大騒ぎを現す「混乱」を用いた。

ブライアンのコメント

「あなたがホップ好きなら、これはまさにあなたのためのビールだ。だがその美しさは、究極のバランスにある。これは、ただホップを大量に入れただけのホップスープではない。ホップがビールにもたらす素晴らしい特質を、力強くもニュアンスをもって造った一つのいい例である。」

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッドピルスナー、マリスオッター
非麦芽
糖類
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウス酵母 ( スコティッシュ・エール )

ブライアンの醸造ノート

ホップハボックは、初期比重はストロングペールエール並みで、アルコール度数は IPA、苦みの指数は(ドライホップアロマも同様)インペリアル IPA と同等である。そのため、これはそのすべてを合わせたハイブリッドスタイルといった感じだ。私達はこれをインペリアルペールエールと呼ぶ。これに使用したホップは、すべてピリッと刺激の強いタイプばかりだ。私は、よりユニークで複雑なホップの個性を引き出すため、数種類のホップをブレンドするのがとても好きである。ホップハボックは、全 6種類のホップを使いトリプルドライホップされているため、アロマにもホップの個性が強く表れている。そして更に充填の際には発酵のピーク状態にある麦汁を加える(今回はライジングサンペールエール)クロイズンという製法を用いた。この最後のステップにより、ビールはよりいきいきと進化し、ホップの個性も刺激的でフレッシュな状態を保持した。

ブライアンのコメント

「あなたがホップ好きなら、これはまさにあなたのためのビールだ。だがその美しさは、究極のバランスにある。これは、ただホップを大量に入れただけのホップスープではない。ホップがビールにもたらす素晴らしい特質を、力強くもニュアンスをもって造った一つのいい例である。」

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッドピルスナー、マリスオッター
非麦芽
糖類
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウス酵母 ( スコティッシュ・エール )

ブライアンの醸造ノート

ホップハボックは、初期比重はストロングペールエール並みで、アルコール度数は IPA、苦みの指数は(ドライホップアロマも同様)インペリアル IPA と同等である。そのため、これはそのすべてを合わせたハイブリッドスタイルといった感じだ。私達はこれをインペリアルペールエールと呼ぶ。これに使用したホップは、すべてピリッと刺激の強いタイプばかりだ。私は、よりユニークで複雑なホップの個性を引き出すため、数種類のホップをブレンドするのがとても好きである。ホップハボックは、全 6種類のホップを使いトリプルドライホップされているため、アロマにもホップの個性が強く表れている。そして更に充填の際には発酵のピーク状態にある麦汁を加える(今回はライジングサンペールエール)クロイズンという製法を用いた。この最後のステップにより、ビールはよりいきいきと進化し、ホップの個性も刺激的でフレッシュな状態を保持した。