Monthly Style Series

四姉妹スプリングボック

四姉妹スプリングボックは、ドイツのマイボックの精神を継承し醸造された。色は深く赤みがかったカッパーゴールドで、アロマは甘くフローラル、口当たりはリッチでモルティ、そしてフィニッシュは丸みがあり、とてもスムーズだ。

スペック

アルコール度数 7.0%
初期比重 16.4
最終比重 3.9
苦み (IBU) 38
色 (SRM) 4
https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/beer_seasonal_img02_mikanbock.png

四姉妹スプリングボック

https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/beer_seasonal_img02_mikanbock.png

四姉妹スプリングボックは、ドイツのマイボックの精神を継承し醸造された。色は深く赤みがかったカッパーゴールドで、アロマは甘くフローラル、口当たりはリッチでモルティ、そしてフィニッシュは丸みがあり、とてもスムーズだ。

スペック

アルコール度数 7.0%
初期比重 16.4
最終比重 3.9
苦み (IBU) 38
色 (SRM) 4
https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/fssb-320x320.png

ラベルは語る

このアートワークのベースとなったのは、2015年8月にさゆりの故郷である奄美大島の美しい砂浜で、四姉妹が仲良く寄り添い夕陽を眺めている写真。四姉妹のかけがえのない強い絆を完璧に捉えている美しい瞬間だ。そのため、漢字は「四姉妹」ではなく、「強・絆」を選んだ。

ラベルは語る

https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/11/fssb-320x320.png

このアートワークのベースとなったのは、2015年8月にさゆりの故郷である奄美大島の美しい砂浜で、四姉妹が仲良く寄り添い夕陽を眺めている写真。四姉妹のかけがえのない強い絆を完璧に捉えている美しい瞬間だ。そのため、漢字は「四姉妹」ではなく、「強・絆」を選んだ。

ブライアンのコメント

「ある男が、うまいビール、そしてかわいらしい女の子達に囲まれていたら、きっと幸せな男に違いない。そう、それが僕だ。四姉妹スプリングボックは、僕が、父として、愛する四姉妹への愛情をたっぷり込めて造ったビールです!」

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッドピルス、サワー、ウィーン、ウィート
非麦芽
糖類 国産氷砂糖
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウス酵母 ( スコティッシュ・エール )

ブライアンの醸造ノート

四姉妹スプリングボックは、2004 年にベアード家に4番目の娘が生まれ、姉妹の特別な絆を祝い、それを記念して造られた。ベアード四姉妹(Savannah, Ash, Lexington, Sommer)は、幼い頃ほとんどフィッシュマーケットタップルームや併設されていたブルワリーで育ったようなもので、このビールの名前は、まさにぴったりだろう。(幼い頃、タップルームの中を走り回っている姉妹を、覚えているファンもきっと多いに違いない)。

四姉妹スプリングボックは、ドイツのマイボック(ユニークなゴールデンカラーのボックで、歴史的に 5 月にリリースされる)の精神を継承し醸造された。現代では一般的にボックといえばミュンヘンの街を連想させるが、しかしこの四姉妹のイメージは、それ以前の 13 世紀初頭にアインベックという街で造られていたスタイルだ。モルトの配分は、小麦 1/3、大麦 2/3 を使用して造られていたため、爽快で飲み飽きず、パンのような風味が特徴的であった。四姉妹スプリングボックには原材料の 25%に小麦が使用されている。爽快、健康的、このビールのフレーバーを表現する時に、この 2 文字が思い浮かぶだろう。

ブライアンのコメント

「ある男が、うまいビール、そしてかわいらしい女の子達に囲まれていたら、きっと幸せな男に違いない。そう、それが僕だ。四姉妹スプリングボックは、僕が、父として、愛する四姉妹への愛情をたっぷり込めて造ったビールです!」

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッドピルス、サワー、ウィーン、ウィート
非麦芽
糖類 国産氷砂糖
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウス酵母 ( スコティッシュ・エール )

ブライアンの醸造ノート

四姉妹スプリングボックは、2004 年にベアード家に4番目の娘が生まれ、姉妹の特別な絆を祝い、それを記念して造られた。ベアード四姉妹(Savannah, Ash, Lexington, Sommer)は、幼い頃ほとんどフィッシュマーケットタップルームや併設されていたブルワリーで育ったようなもので、このビールの名前は、まさにぴったりだろう。(幼い頃、タップルームの中を走り回っている姉妹を、覚えているファンもきっと多いに違いない)。

四姉妹スプリングボックは、ドイツのマイボック(ユニークなゴールデンカラーのボックで、歴史的に 5 月にリリースされる)の精神を継承し醸造された。現代では一般的にボックといえばミュンヘンの街を連想させるが、しかしこの四姉妹のイメージは、それ以前の 13 世紀初頭にアインベックという街で造られていたスタイルだ。モルトの配分は、小麦 1/3、大麦 2/3 を使用して造られていたため、爽快で飲み飽きず、パンのような風味が特徴的であった。四姉妹スプリングボックには原材料の 25%に小麦が使用されている。爽快、健康的、このビールのフレーバーを表現する時に、この 2 文字が思い浮かぶだろう。