Year-round

アングリーボーイ ブラウンエール

クールな戦士の内に秘めた荒々しさと決意。赤々と燃える怒りの炎・・・。それが、この予測できないブラウンエールの姿。モルトの一瞬の甘さと優しさが、フレーバーの複雑さと苦み、そして、アングリーなエッジを隠している。

スペック

アルコール度数 7.0%
初期比重 15.0
最終比重 2.5
苦み (IBU) 45
色 (SRM) 20
Angry Boy Brown Ale

Year-round

アングリーボーイ ブラウンエール

Angry Boy Brown Ale

クールな戦士の内に秘めた荒々しさと決意。赤々と燃える怒りの炎・・・。それが、この予測できないブラウンエールの姿。モルトの一瞬の甘さと優しさが、フレーバーの複雑さと苦み、そして、アングリーなエッジを隠している。

スペック

アルコール度数 7.0%
初期比重 15.0
最終比重 2.5
苦み (IBU) 45
色 (SRM) 20
https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/09/angryboy-320x320.png

ラベルは語る

これは、オリジナルのデザインを全て変更した唯一のベアードビール・ラベルである。小学生の頃、大好きだった地元のフットボールチームが最大のライバルにまたしても負けてカンカンに怒っているアングリーボーイは、もういない。アングリーボーイは成長し、日本に住み、目的を達成するための強さと不屈の精神をもつ大人になりました。

ラベルは語る

https://bairdbeer.com/wp-content/uploads/2017/09/angryboy-320x320.png

これは、オリジナルのデザインを全て変更した唯一のベアードビール・ラベルである。小学生の頃、大好きだった地元のフットボールチームが最大のライバルにまたしても負けてカンカンに怒っているアングリーボーイは、もういない。アングリーボーイは成長し、日本に住み、目的を達成するための強さと不屈の精神をもつ大人になりました。

ブライアンのコメント

「これは、ある種の自伝的ビールだ。私の母は、私のことをいつも「ミスター・インテンス」とか「アングリーボーイ」と呼んでいた。いま、アングリーボーイは、素晴らしいビールの名前になったが、“ミスター・インテンス“の方が、この情熱的なブラウンエールには、ふさわしい表現かもしれない。」

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッド・マリスオッター、小麦麦芽、キャラメル
非麦芽 ロースト小麦
糖類 国産黒糖と氷砂糖
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウス酵母 ( スコティッシュ・エール )

ブライアンの醸造ノート

パーソナリティ “は、クラフト・ビールを語る時の核となるものだ。他にはない、独自のパーソナリティがあるということがクラフト・ビールといわゆる “インダストリアル・ビール(大手ビール)” の違いをはっきりさせている。

 

クラフト・ビールは、その市場の中で、個性で競い合い、インダストリアル・ビールは、退屈だが、嫌われないことで競い合うのだ。私は、良くできたインダストリアル・ビールが好きで―いままでもずっと―かなりの量を飲んでいる。しかし、ビールの真の世界は、インダストリアル・ビールが飲み手をリードし導く結論よりも、もっと豊かで、多様性に富み、面白いものだと思っている。クラフト・ビールのブルワ―としての私の目標は、独自の個性とパーソナリティあふれるビールを皆さんにお届けすること。ビールを醸造することは、私にとっては個人的なことである。私がデザインしたすべてのビールに、私自身の一部を残したいと考えている。私がデザインした何百ものベアードビールのレシピの中で、アングリーボーイ ブラウンエールほど私個人を反映したものはない。

ブライアンのコメント

「これは、ある種の自伝的ビールだ。私の母は、私のことをいつも「ミスター・インテンス」とか「アングリーボーイ」と呼んでいた。いま、アングリーボーイは、素晴らしいビールの名前になったが、“ミスター・インテンス“の方が、この情熱的なブラウンエールには、ふさわしい表現かもしれない。」

原材料

クリーンな軟水 ( 地域の源泉水 )
麦芽 フロアモルテッド・マリスオッター、小麦麦芽、キャラメル
非麦芽 ロースト小麦
糖類 国産黒糖と氷砂糖
ホップ 生ホップ ( ペレット、抽出物は不使用 )- 各種
酵母 ハウス酵母 ( スコティッシュ・エール )

ブライアンの醸造ノート

パーソナリティ “は、クラフト・ビールを語る時の核となるものだ。他にはない、独自のパーソナリティがあるということがクラフト・ビールといわゆる “インダストリアル・ビール(大手ビール)” の違いをはっきりさせている。

 

クラフト・ビールは、その市場の中で、個性で競い合い、インダストリアル・ビールは、退屈だが、嫌われないことで競い合うのだ。私は、良くできたインダストリアル・ビールが好きで―いままでもずっと―かなりの量を飲んでいる。しかし、ビールの真の世界は、インダストリアル・ビールが飲み手をリードし導く結論よりも、もっと豊かで、多様性に富み、面白いものだと思っている。クラフト・ビールのブルワ―としての私の目標は、独自の個性とパーソナリティあふれるビールを皆さんにお届けすること。ビールを醸造することは、私にとっては個人的なことである。私がデザインしたすべてのビールに、私自身の一部を残したいと考えている。私がデザインした何百ものベアードビールのレシピの中で、アングリーボーイ ブラウンエールほど私個人を反映したものはない。