セゾンさゆりのブログSaison Sayuri 3/30

3月 30, 2024by Jessica Xiong

 

セゾンさゆりのブログ

2024.3.30

ベアードビールファンの皆様へ、

コロナ禍のステイホームやリモートワークの影響で、今ではオフィスに通う必要がないため、地方に移住し仕事を続けている、という記事を最近よく目にします。その移住地の中でも人気なのが静岡県ということで、とても嬉しいですね。

前回のブログでも書きましたが、とにかく住環境がいいということが一番の魅力だと思います。

特に三島市は新幹線が停まるため、都心へ1時間ほどで通勤でき、移住者が増えているとか。私もベアードビールステーション三島に土曜日の前半担当で勤務しているのですが、お客様とお話していても、東京に通っているんです、という方が結構いらっしゃいます。そして、中にはリタイアして三島や伊豆に移住してきたというお客様も。自然環境が豊かで温泉もあり、安住の地として選ばれているのですね。

そんな人気の移住の地にも選ばれている伊豆市に本社を置く弊社。「ベアードブルーイングでは、随時優秀な人材を募集しています。」ということで、ホームページにはベアードの哲学などを掲載し、通年人材を募集しています。現在、沼津・三島・修善寺の3店舗では、あらゆる職種で人材を募集しています。まずはビールが好きなこと、欲を言えばベアードビールが好き!キャンプや自然農法に興味がある、ビール造りに情熱がある、タップルームで活躍したい、出荷センターの配送業務やトラックの運転に自信がある、英語を活かせる仕事がしたいなど、自分の特技を活かせる職種がたくさんあります。既存の従業員は、ほとんど県外からの求職者です。昨年度採用した従業員も全て県外からで、キャンプが好き、よく伊豆にツーリングに来ていた、ベアードビールのものづくりに何らかの形で携わりたいなど応募理由は皆様々でしたが、面接後その方の特質を活かし、キャンプ場運営や、ブルワーヘルプ、ブルワリーエンジニア、環境整備などで活躍してもらっています。

伊豆市ではIターンやUターンで伊豆市に移住してくる方への支援策もありますので、この機会に是非伊豆市のホームページも閲覧してみてください。そして、ベアードビールのお仕事に興味のある方は、info@bairdbeer.comへお問い合わせください。ご応募お待ちしています!

新年会に参加したベアードブルーイングのスタッフたち 2024年1月

さて、話は変わり、ここ数か月は、ベアード敷地内の農園で手間と愛情を込めて無農薬栽培で育てられたゆず、みかん、金柑、橘、ライムなどの柑橘系の果実を使用した季節限定ビールが続々とリリースされています。農園での収穫量も年々増えてきており、特に今年はどれも豊作で、形や見た目は悪くても、味は逸品!ベースとなるビールに、いいニュアンスとアクセントを加えてくれています(ブルワリーガーデンタップルームではフルーツビールを6種詰め合わせたスペシャルパック商品も展開中!修善寺にお越しの際は、是非お試しください!)。 4月にはフルーツフルライフシトラスIPAもリリース予定。今年はジューシーで香り高いだいだいと夏みかんを加えました。柑橘系のホップと果実の個性が幾重にも重なり、そこにIPAの苦さも伴い、、、と書いているだけでごくりと喉が鳴ってくるようです。こちらも毎年待ち望んでいるファンが多い人気商品です。どうぞお楽しみに!

ダイダイフルーツ狩り 2024年2月

まだまだ寒い日も続き、桜が満開になるにはもう少しかかりそうですが、桜の木の下で仲間や家族、同僚とビールを飲みながらお花見を楽しむ光景が、今年は多くみられるのではないでしょうか。そんなお花見にぴったりな「無礼講時間ストロングゴールデンエール」が4月初めにリリースされます。ラベルにはこのビールの名前がちょっと歪んで入っているのですが、気持ちよく酔ってきた時には、文字がこんなふうに歪んで見えるのかも?というデザイナーの栄子さんの発想の豊かさは、さすがですね。

無礼講時間ストロングゴールデンエールのラベルアート

ベアードのホームページには、ビールのスペックやラベルの話など、面白くてためになる話がたくさん掲載されていますので、お時間のある時に読んでみてください。ベアードビールをより理解した前と後では、味わいもまた違ってくるかもしれませんよ。

ベアードさゆり