ベアードビールファンの皆様へ、

新年が始まったと思ったら、あっという間に2月が終わり、もう3月ですね。ここ数日は気温も上がり、すっかり春めいてきました。

しかし、3月7日までだった緊急事態宣言も、再度延長されるということで、まだまだ自粛の影響は長引きそうです。

ここ修善寺は春の気配がところどころに現れて、自宅からブルワリーへ向かう道沿いでは、梅や菜の花、モクレンが色とりどりの花を咲かせています。そして私の大好きなミモザが黄色いふわふわとした花を枝一杯に付けている光景も良く見かけます。ここ数年ミモザに心奪われていましたが、花言葉を調べて納得。「感謝」「思いやり」「友情」など素敵な言葉が並んでいます。見ているだけでも癒されるのですが、今年はドライフラワーやリースにして楽しみたいなと思ってます。

敷地内の菜の花

 

さて、既にご存知の方も多いかと思いますが、キャンプ・ベアード復活プロジェクト第2弾クラウドファンディングが2月25日午後9時から始まりました。お蔭様でもうすぐ目標金額の50%に達する勢いで、いいスタートダッシュが切れています。

既存のキャンプサイトは、開設してから2年半経過し、今では週末は予約が取れにくい人気のサイトに成長してきました。もともとの自然環境の豊かさも理由の一つですが、日々のスタッフのメンテナンスや管理が行き届いており、清潔で気持ちのいいキャンプ場として多くのファンに喜ばれているようです。

新サイト

今回の復活プロジェクト第2弾では、今まで使用していなかった西側の元キャンプ場跡地を再生し、オートキャンプ場として稼働させる予定です。ここに至るまで、再生に向けて数年間もスタッフが準備をしてきました。河川敷に堆積したゴミの清掃、敷地内に捨てられ埋められていた産業廃棄物の撤収、廃棄、鬱蒼と茂った竹林の伐採、蔦や草で覆われた敷地の草刈り、何年も使用されていなかったキャビンやトレーラーの処分や修繕など。手間と時間と労力がかかることばかりでしたが、キャンプ場を復活させたいという熱い想いで、自ら動いてくれていました。本当にその情熱には頭が下がります。そしてやっと思い描いていたキャンプ場の再生・復活に向け、スタートを切ることができました。

リノベーション中のキャビンたち

 

このサイトには、春には老木ながらきれいな花を咲かせてくれる桜並木があり、毎年多くのお客様の目と心を楽しませてくれることでしょう。そしてその広さを活かして、野外ステージでは音楽ライブをやったり、映画の上映会美しい星の観察など、想像しただけで、わくわくするようなイベントが計画できそうです。

クラウドファンディングでは、魅力的なリターンもたくさんご用意していますので、一度チェックしてみて下さい。

ここクリックしてね!

新設キャンプサイトのグランドオープンは、6月1日を予定しています。長い自粛生活で疲れてしまった心と体を、狩野川のせせらぎと鳥のさえずり、美しい自然がきっと癒してくれます。そして個性と風味溢れる美味しいベアードビールがあれば、そこはまさに、ビール天国!

皆さんの笑顔に会える日を、心から楽しみにしています!

ベアードさゆり