ベアードビールファンの皆様へ、

こんにちは。前回のブログより3ヶ月が過ぎてしまいました。コロナウィルスの事も、ビジネスの事も、あまりにも不明瞭なことが多すぎて、何を書いていいのか、書かない方がいいのか、自問の日々でした。

そんな中、先週の4連休は、沼津フィッシュマーケットタップルームの20周年を祝うささやかな会を開催しました。今回はコロナウィルス感染拡大を防止するため、宣伝も告知もごく一部に絞り、スタッフのマスク着用はもちろん、営業時間の短縮、収容人数制限、飛沫防止シートの取り付けなど、できる限りの対策を行い、実施しました。お蔭様でお客様にも協力していただき、皆さんに安心して楽しんでいただけたのではないかと思います。20年来通ってくれている超常連達、地元のお客様、元従業員などから、温かい言葉をかけていただき、とても元気づけられました。このような状況の中で、わざわざお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

ベアードビール – やっと成人しました!

毎日感染者数の増減をニュースで見聞きし、不安な毎日を過ごしている方も多いと思います。私個人的には、基本的な衛生管理を徹底し、あまり過敏にならないように努めています。あまりにも自粛、自粛と厳しくし過ぎても、体ばかりか心の健康まで失ってしまいそうです。
現在はある程度コロナウィルスの性格もわかってきて、科学的データも確証されてきています。テレビやニュースの国民の不安を煽るような報道は、少し見たり聞いたりするのはお休みして、自分がうつらないために、知らない間に他人にうつさないために、自分自身に何ができるか、考えて、行動したいと思います。

馬車道タップルームのコロナ対策例

いろいろな科学者が言っている通り、コロナウィルスと人間は共生しなければならない、ということ。しばらくは、今までみたいに、飲み会で大騒ぎしたり、カラオケで歌いまくることはできないかもしれません。でも、ある程度の普通の生活はできるはず。もう何千年も何百年も人類はウィルスとの闘いに挑み、生き残ってきたのですから、今回もきっと生き残ることができると信じています。
そして、ビジネスも、今まで20年も、いろいろな苦境や困難を乗り越えてここまできたのだから、ここで負けるわけにはいきません。今までのやり方を見直しつつ、世界の変化に対応しながら、次の世代へいい形でバトンを繋いでいけるように、頑張っていきたいと思います
まだまだビジネスはコロナ前の忙しさを取り戻すまで、時間がかかりそうですが、焦らず、今できることをコツコツと積み上げて、決して後退せず、1歩でも前進し続けます

皆さんも、不安なこと、つらいこと、やりきれないと思う事、いろいろ心の中にあると思います。でも時には空を見上げ、空の無限の大きさに包まれ、道端に力強く咲く野花の可憐さに癒され、屈託のない子供の明るい笑顔に未来を感じ、今を生き延びてください。きっと、この先、悪いことばかりではない、と信じて。

ベアードさゆり