TOP > Baird Beer Voice
配信済み Baird Beer Voice
最新のBBVブログ
2017.12.04 


惚れ直したぜ!:ライジングサンペールエール

惚れ直したぜ!:スルガベイ インペリアルIPA

 

 

12月は、このキャンペーンの最後にふさわしい、ライジングサンと人気を二分するベアードのフラッグシップといっても過言ではないスルガベイインペリアルIPAを紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:ライジングサンペールエール

惚れ直したぜ!:黒船ポーター

 

 

11月は、コアなファンも多い黒船ポーターを紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:ライジングサンペールエール

惚れ直したぜ!:アングリーボーイブラウンエール

 

 

10月は、名前の由来を聞かれることの多いあのアングリーボーイブラウンエールを紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:ライジングサンペールエール

惚れ直したぜ!:ライジングサンペールエール

 

 

9月は、タップルームの惚れ直したぜ!シリーズに、ベアードの2大横綱の一つ、ライジングサンペールエールが登場します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:修善寺ヘリテッジヘレス

惚れ直したぜ!:修善寺ヘリテッジヘレス

 

 

8月はクリーンで優しい味わいの修善寺ヘリテッジへレスをご紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:ウィートキングウィット

惚れ直したぜ!:ウィートキングウィット

 

 

7月は小麦の軽快な味わいが印象的なウィートキングウィットをご紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:沼津ラガー

惚れ直したぜ!:沼津ラガー

 

 

6月は、ベアードビール初めての定番ラガービール「沼津ラガー」を紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:わびさびジャパンペールエール

惚れ直したぜ!:わびさびジャパンペールエール

 

 

5月は伊豆の豊かな自然の恵みからインスパイアされたわびさびジャパンペールエールをご紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:帝国IPA

惚れ直したぜ!:帝国IPA

 

 

帝国IPAは、ベアードビールの創業当初からある4種類の定番ビールのひとつ。2001年1月、沼津のタップルームで、ハンドポンプでデビューしたのは、フィッシャーマンズウィートエール(ライジングサンペールエールに進化)、ベイスティーム(レッドローズ アンバーエールに変身)、黒船ポーター、そしてこの帝国IPAでした。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:島国スタウト

惚れ直したぜ!:島国スタウト

 

 

3月はアイルランドにキリスト教を広めた聖人・聖パトリックの命日(3月17日)を祝う聖パトリックスデイ(St Patrick’s Day)がある月。そしてアイルランドを象徴するビールと言えば、ギネスで有名なアイリッシュドライスタウトです。それにちなんで、3月は島国スタウトをご紹介します。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:レッドローズ アンバーエール

惚れ直したぜ!:レッドローズ アンバーエール

 

 

ベアードビールの定番ビールは、今でこそ12種類ありますが、創業当初は5種類でした。その中の一つ、それは「ベイ・スティーム」というラガービールでした。この名前を聞いて「あ~、そうだったね」と思い出す方は、相当古くからのベアードファンです。

 
…つづきを読む


惚れ直したぜ!:シングルテイク セッションエール

惚れ直したぜ!:シングルテイク セッションエール

 

 

2017年1月からの新シリーズ「Falling in Love Again ~惚れ直したぜ!シリーズ」を行います!毎月1種類の定番ビールを紹介し、面白いトリビアやストーリーを公開します。第一弾のビールは【シングルテイク セッションエール】です!

 
…つづきを読む


BBV_titel_ja_ontheroad

白馬タップルーム

 

 

このタップルームのユニークなところは、白馬の八方尾根に隣接するスキーリゾート・パノラマホテルに属することだ。そして白馬タップルームは、ベアードの直営店ではない、初めてのフランチャイズ店となる。全種類ではないが多くのベアード定番ビールと季節限定ビールを提供し、フードメニューは、原宿タップルーム同様の焼き鳥がメインだ。

 
…つづきを読む


BBV_titel_ja_craft

ベアード研究所#2:酵母は超ふえる

 

 

 お久しぶりです。ラボテクニシャンのタイキ(27歳独身)です。前回の記事では酵母の名前について書きました。社内外からそれは大変な反響を頂戴し、あれから約半年、続編をかくことにしました。懲りずにまた酵母の話です。

 
…つづきを読む
 



BBV_titel_ja_craft

ベアード研究所#1:樽のサイクル

 

 

こんにちは。このコーナ初登場を嬉しく思います。落語と矢沢栄吉さんをこよなく愛するブルワーの重枝伸哉です。
 

さて、今回取り上げる内容は、樽(ビールの入った容器)についてお話ししたいと思います。FREE雑誌「トランスポーター2016号」でも取りあげられておりました。目を通された方もおおいのでは?二番煎じではありますがお付き合い願いたいと思います。

 
…つづきを読む
 



BBV_titel_ja_craft

ベアード研究所#1:酵母のうんちく

 

 

ベアード研究所からこんにちは、ラボテクニシャンのタイキ(26歳独身)です。僕はこの会社で酵母の管理をしながら、雑用もこなしている若手です。Brewer’s Craftはいつもクリスが書いているのですが、年のせいかタイピングができないらしく、代わりに僕が筆を執ります。

 
…つづきを読む
 



BBV_titel_ja_table

テキサスBBQの旅

 
 

はじめまして、馬車道タップルーム店長兼ピットマスターの高橋です。馬車道タップルームで作っているBBQをより美味しく進化させるため、念願だったテキサスBBQのキャピタルと言われているテキサス州のロックハートにあるBBQジョイントを訪ねる機会を頂いたので、ここに紹介したいと思います。
 
…つづきを読む

 

BBV_titel_founder

 
Founders
 
ベアードビールファンの皆さまへ、

 

ベアードブルーイングは、2000年沼津にて、フィッシュマーケットタップルームという小さなブルワリーパブとして誕生しました。なぜなら私達はビールとパブ、この2つに熱い情熱を持っているからです。そのためブルワリーの規模拡大と共に、これまでいくつかの直営のパブを展開してきました。2008年には2店舗目となるタップルームを東京の中目黒に、2009年には原宿に、2011年には横浜の馬車道に開店しました。その過程において、クラフトブルワリーがパブを直営するというコンセプトを日本で初めて開拓してきました。

 

ここ数年は、2014年に修善寺に完成した美しい新ブルワリーの建設のために、ほとんどの時間と労力を費やし、タップルームパブの拡大計画は停滞していました。しかし新ブルワリーもだいぶ落ち着いてきたため、パブの拡大計画を再始動。そして運命的な物件との出会いもあり、5つ目のタップルームをオープンさせる運びとなりましたことを喜んでお知らせします!新タップルームの場所は「高田馬場」です。ベアードでお馴染みの大工の長倉さんが今回も施工を担当し、5月1日のオープンを目指しています。

 

作業開始!

 

高田馬場タップルームは、原宿のような日本の居酒屋パブをテーマとしています。原宿は串焼きが中心ですが、高田馬場は串揚げを中心としたメニュー構成です。内装のイメージは、ちょっとモダンテイストも加えた古民家的な雰囲気になる予定です。私達は、シンプルに、近代的なクラフトビールと伝統的な日本風なパブ料理の組み合わせ、そしてカジュアルな外食文化が大好きなんです!

 

ビールに関しては、自分たちが毎日飲みたい、と思えるビールしか造りたくないと思っていますが、パブも同じで、自分たちが毎日でも通いたい、と思えるそんなお店づくりをモットーとしています。5月初旬、高田馬場で皆様にお会いできることを楽しみにしています!

 

乾杯!

 

ブライアン & さゆり

 
 


佐藤 靖   八重洲TOWERS

 
null

 

「迷いなく「ライジングサン」を選びます。ライジングサンは1杯目でも、途中でも、最後の一杯でも飲める、万能選手で、本当にバランスのいいビールです。それが理由でTOWERSの定番にさせてもらっています。」

 
…つづきを読む