TOP > Baird Beer Voice
配信済み Baird Beer Voice
2015年8月
2015.08.26 

Month 2015年08月
img_bbv_mainttl
img_main_visual_wp2
BBV_titel_founder
Founders
 
ベアードビールファンの皆さまへ、

 

私達は1990年代アメリカに住んでいた頃、クラフトビールの魅力の虜になりました。そして間もなく、ビールを愛飲するだけでなく、クラフトビール革命の聖地ともいうべきアメリカ西海岸沿いのクラフトビールのことを学んだり、ビジネスについて研究したりするようになったのです。それは勉強といっても、非常に楽しいものでした。

 

この間に私達の目標は何か、すぐにはっきりとわかりました;それは、このユニークで素晴らしいビール文化を純粋に正直に日本に伝えたい。この目標を遂げるために、ベアードビールとタップルームは生まれました。

 

クラフトビールは、過去5年程の間に、私達が驚くほど、世界中に広がってきました。ベアードビールもその波に乗り、数か国へ輸出されています。このような状況の中、私達の次なる目標がだんだんと見えてきました。それは、日本のクラフトビールを日本の居酒屋文化と共に世界へ紹介すること(原宿タップルームと同じコンセプト)。

 

そして熟慮を重ねた結果、私達はオーストラリアの輸入パートナーと手を取り合い、海外最初の居酒屋クラフトビールパブ(ライジングサン・タップルーム)を、洗練された美しい都市・メルボルンで開業することを決定しました。メルボルンのタップルームでの責任者であるブランドン ウォーカーは、6月より来日し、ブルワリーやタップルームで実際に働き、ベアードビールのすべてを学びながら、ライジングサン・タップルームのオープンに向けた準備を始めています。ブランドンは、一流のサービスマンで、その上めちゃくちゃいい奴です。もし、どこかのタップルームで見かけたら、是非声をかけてあげてください。

順調に事が進めば、ライジングサン・タップルーム メルボルンは2016年の初めまでにはオープンする予定です。引き続き進展状況をお知らせしていきますので、どうぞ楽しみにしていてください!

乾杯!

 

ブライアン & さゆり

 

BBV_titel_ja_cellar

新作ビール 2015年8月9月

 

日本物語エール


 
今回のリリース: 日本物語エール (リリース日:8月12日
 
…つづきを読む


BBV_titel_ja_table

奥深いサンドイッチの世界

 


 
サンドイッチは世界中どこでも好まれる食べ物です。イスタンブールでは、生の玉ねぎをのせたサバサンドが、派手な装飾を施した屋台船の上で作られ、売られています。焼餅(シャオピン)は中華料理のパンで、甘いものや旨みのあるものをはさんで、スナックとして路上で売られています。薄切りの仔羊肉やファラフェルなどありとあらゆるものをはさんだピタはレバント諸国(東部地中海沿岸地方)で広く食べられています。どうやら世界中の国々に、それぞれの国の人々が好む最高のサンドイッチがあるようです。
 
…つづきを読む


BBV_titel_ja_craft

ブルワーのエリックをゲストに迎えて

 


 
ベアード・ブルーイングでは、時々ブルワーをゲストとして迎え、修善寺のブルワリーの250リットルのシステムで特別に醸造を行います。今月は、数々の賞を受賞したアメリカ人ホームブルワーのエリックが、彼の考案した「麦茶マイルド」を一緒に醸造するために、ベアード・ブルーイングにやって来ました。
 
…つづきを読む


BBV_titel_ja_ontheroad

日本のクラフトマンシップへの祝福

 


 
外国人のブライアン・ベアードがどうして日本でクラフトビールの事業を始めようと思ったのかと、よく聞かれることがあります。それに対して私はいつも、ベアード・ブルーイング・カンパニーはビールへの愛と日本への愛、二つの愛の産物だと答えています。そして、日本への愛については、90年代半ばにジョンズ・ホプキンス大学高等国際関係大学院の日本研究学科でブライアンと出会ってからずっと、私たちは物づくりに優れた日本に深い尊敬の念を抱いてきたとも説明しています。
 
…つづきを読む


ブルワー 村石 啓

 


 
学生の時からビールが好きで、いつか自分で美味しいビールを作れるようになりたいと思っていましたが、ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケトを訪れた際に働くならここしかないなと感じました。
 
…つづきを読む


BBV_titel_ja_calendar
 
〈国内イベント〉
 
【ビアイベント】

アコメヤ東京

8月29日(日)
“AKOMEYA TOKYO 地ビールイベント2015 ”第三弾!~静岡・ベアードビール編~
Bryanとさゆりが参加します。食事を囲みながら(立食)楽しく語らいましょう!
 
…つづきを読む

  

main_footer2

ブライアンとさゆりからのメッセージ
ベアードビールと日本の居酒屋文化を世界へ!
2015.08.26 

Founders

ベアードビールファンの皆さまへ、

 

私達は1990年代アメリカに住んでいた頃、クラフトビールの魅力の虜になりました。そして間もなく、ビールを愛飲するだけでなく、クラフトビール革命の聖地ともいうべきアメリカ西海岸沿いのクラフトビールのことを学んだり、ビジネスについて研究したりするようになったのです。それは勉強といっても、非常に楽しいものでした。

 

この間に私達の目標は何か、すぐにはっきりとわかりました;それは、このユニークで素晴らしいビール文化を純粋に正直に日本に伝えたい。この目標を遂げるために、ベアードビールとタップルームは生まれました。

 

クラフトビールは、過去5年程の間に、私達が驚くほど、世界中に広がってきました。ベアードビールもその波に乗り、数か国へ輸出されています。このような状況の中、私達の次なる目標がだんだんと見えてきました。それは、日本のクラフトビールを日本の居酒屋文化と共に世界へ紹介すること(原宿タップルームと同じコンセプト)。

 

そして熟慮を重ねた結果、私達はオーストラリアの輸入パートナーと手を取り合い、海外最初の居酒屋クラフトビールパブ(ライジングサン・タップルーム)を、洗練された美しい都市・メルボルンで開業することを決定しました。メルボルンのタップルームでの責任者であるブランドン ウォーカーは、6月より来日し、ブルワリーやタップルームで実際に働き、ベアードビールのすべてを学びながら、ライジングサン・タップルームのオープンに向けた準備を始めています。ブランドンは、一流のサービスマンで、その上めちゃくちゃいい奴です。もし、どこかのタップルームで見かけたら、是非声をかけてあげてください。

 

順調に事が進めば、ライジングサン・タップルーム メルボルンは2016年の初めまでにはオープンする予定です。引き続き進展状況をお知らせしていきますので、どうぞ楽しみにしていてください!

 

 

乾杯!

 

ブライアン & さゆり



季節のベアードビール・セラー
新作ビール 2015年8月9月
2015.08.26 

Seasonal Baird Beer Cellar : 新作ビール 2015年8月9月

日本物語エール

 

今回のリリース: 日本物語エール (リリース日:8月12日

次回のリリース: ブルワーの悪夢ライIPA (リリース日:9月1日)& やばいやばいストロングスコッチエール(リリース日:9月21日)

 

大地の恵み・フルーツビールシリーズ:

日本物語エールはちょうどいい甘酸っぱさと、心地よい爽快感が特徴的な、梅を加えたウィートエール。

 

春夏秋冬シリーズ:

夏の限定・クールブリーズピルス、しっかりとしたボディがありながらも、素晴らしくバランスの取れたピルスナーラガー。夏の暑さを吹き飛ばしてくれる特効薬!次回、秋の限定は、やばいやばいストロングスコッチエール、リリース予定は9月21日。

 

マンスリースタイルシリーズ:

ジョイ・デ・ビブレ ゴールデンエールが8月のスタイル。ベルギースタイルのエールで、「人生の喜び」を表現している。9月のマンスリースタイルは、ちょっとピリッとしてフルーティなライモルトを使用したインディアペールエール;ブルワーの悪夢ライIPAが登場します。IPA好きにはたまらないビール!

 

ブルワーのパッションシリーズ:

今回は新リリースはなし。今までリリースした小規模醸造のビールが、まだどこかで飲めるかもしれません。どこかで見つけたら、どうぞお試しあれ!

 


 

季節限定に関するお問い合わせは、info@bairdbeer.com.へどうぞ。

ベアードビール取扱店様からのご注文は、order@bairdbeer.com.で承ります。

 

2014年全体の季節限定リリースカレンダーはこちらを参照願います。

ベアード・タップルームの厨房から直行便
奥深いサンドイッチの世界
2015.08.26 

 

サンドイッチは世界中どこでも好まれる食べ物です。イスタンブールでは、生の玉ねぎをのせたサバサンドが、派手な装飾を施した屋台船の上で作られ、売られています。焼餅(シャオピン)は中華料理のパンで、甘いものや旨みのあるものをはさんで、スナックとして路上で売られています。薄切りの仔羊肉やファラフェルなどありとあらゆるものをはさんだピタはレバント諸国(東部地中海沿岸地方)で広く食べられています。どうやら世界中の国々に、それぞれの国の人々が好む最高のサンドイッチがあるようです。

 

サンドイッチを作るのは簡単そうに見えますが、それほど簡単なものではありません。パンのタイプ(やわらかいパンか、それともトーストしたもの?)、中にはさむ具(汁気のあるものか、乾いているもの?細かく刻むか、それともそのまま?)、具をパンに固定し、具の湿気からパンを護ってくれるソースや薬味・調味料についても吟味しなくてはなりません。次に食感。生のレタスを加えてパリッとさせる?パンがべちゃっとするのを避けるにはどうしたらいい?手で食べられるようにするか、それともチリソースをドバドバかけるか、あるいはサンドイッチをまるごと牛からとったブイヨンに浸して食べたら美味しいだろうけど手で食べるのはまず無理だろうし。そうなのです、つまり美味しいサンドイッチを作ろうと思ったら、こういったさまざま要素がとても重要になってくるわけです。

 

ブリスケットサンドイッチ、これは本当に最高。

 

テキサスのバーベキューレストランでは、ブリスケットとリブをポンド単位で注文し、厚く切った食パンの上にそれをのせてサンドイッチにして食べる人を多く見かけます。ベアード・タップルーム馬車道では、このスタイルのバーベキューサンドイッチを三種類ご用意しています。ブリスケットサンドは、スライスしたてのビーフブリスケットを、バターたっぷりのガーリックトーストにはさんで自家製バーベキューソースをたっぷりかけたサンドイッチです。シンプルできっとお気に召すと思います。ポークサンドは、マスタードソースと自家製のクリーミーなコールスローの酸味としゃきしゃきした食感が、やわらかく脂の乗った豚肉のバーベキュースライスを引き立てています。ミックスBBQサンドは刻んだビーフブリスケットとポーク、自家製バーベキューソースで焼き上げたリブをはさんだサンドイッチです。きれいに食べるのはかなり難しいですが、とっても美味しいサンドイッチです。

 

このサンドイッチは全然「プア」じゃない。

 

ポーボイサンドイッチはルイジアナの伝統料理で、いろいろなシーフードの揚げものやローストした肉を挟んだものです。ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケットでは、新鮮な海老を使い、自家製ケイジャン・アイオリソースをフレンチバゲットにたっぷり塗った海老のポーボイサンドイッチをお出ししています。またサバのポーボイサンドイッチは、あのイスタンブールの最高のサバサンドへのオマージュで、生玉ねぎのスライスとマスタードソースを一緒にはさみました。

 

当然ですが、私たちのサンドイッチはどれも冷えたベアードビールと一緒に食べてこそです。どうぞ、次回ご来店の際はお試しください。そしてまったく新しい視点で、サンドイッチ作りを見直していただけるようになるといいなと、思っています。

  

シェフ ジュン
Chef Joon

  

ブルワーの職人技
ブルワーのエリックをゲストに迎えて
2015.08.26 

 

ベアード・ブルーイングでは、時々ブルワーをゲストとして迎え、修善寺のブルワリーの250リットルのシステムで特別に醸造を行います。今月は、数々の賞を受賞したアメリカ人ホームブルワーのエリックが、彼の考案した「麦茶マイルド」を一緒に醸造するために、ベアード・ブルーイングにやって来ました。

 

さて、話を進める前に言っておくべきことですが、日本では自家醸造(ホームブルーイング)は違法です。ここ日本でビールを自家醸造することを、ベアード・ブルーイングは容認も推奨も致しません。とはいえ、自家醸造が日本の法律で認められていないのは本当に残念でなりません。アメリカでは、クラフトビール界のレジェンドたち(以下ごく一部ですが、「シエラ・ネバダ」のケン・グロスマンや「ベルズ・ブルワリー」のラリー・ベル、「ストーン」のグレッグ・クックとスティーブ・ワグナーなど)と新進気鋭のブルワーたちの多くは、みんなホームブルーイングで、そのキャリアの一歩を踏み出し、情熱を育んできたのです。

 

幸運にも、エリックが休暇で家族と一緒に静岡を訪れた際に、私たちは彼とビールの醸造をすることになり、ベアードの小さいほうのシステムでリードブルワーのテツヤを手伝うことを、彼の家族も許してくれました。テツヤの監視の元、エリックは麦芽をミルで粉砕し、マッシュイン(麦芽と湯を混ぜ合わせること)を行い、発酵タンクを洗浄・消毒し、麦汁の量を測定し、発酵の際の比重(糖の割合)をチェックし、いろいろなものをひたすら洗い、清掃してくれました。そのためエリックは、はっきりとした数はわかりませんが、汚れたシャツと靴下を何度も着替えるはめになりました。

 

容量を量るテツヤとエリック

 

エリックのビールは、麦汁の煮沸の工程の最後に、麦茶用の麦を加えるという、和のテイストが効いていて面白い、マイルドなタイプのエールです。麦茶用の麦をケトルに入れると、部屋はたちまちビスケットのようないい香りと、ほのかな香ばしさでいっぱいになりましたが、麦芽だけではビールにこのような香りや香ばしさをもたらすことは難しかったでしょう。

 
醸造の一日が終わると、エリックの家族も観光から戻ってきたので、ブルワリーガーデン・タップルームで一杯(大人は大人用の、それ以外の人はそれ以外用の飲み物を)飲みながら、彼らが旅立つ前のひと時を一緒に楽しみました。「麦茶マイルド」のリリースパーティは、9月の中旬から下旬の間になると思いますが、ひょっとしたらエリックが来てくれるかもしれません。もちろん、皆さんもどうぞご参加ください!

 

醸造後の打ち上げ、エリックの家族と一緒に

 

エリック、ありがとう。君と一緒にビールを造れて最高だったよ。

 

 


 
Chris Poel
 
クリス・プール: ベアード・ブルーイング・カンパニーの
シニア・パートナー兼ブルーイング・オペレーション・ディレクター。
ご連絡はchris@bairdbeer.comまで。  

クラフトビール・ワールドの最前線リポート
日本のクラフトマンシップへの祝福
2015.08.26 

 

外国人のブライアン・ベアードがどうして日本でクラフトビールの事業を始めようと思ったのかと、よく聞かれることがあります。それに対して私はいつも、ベアード・ブルーイング・カンパニーはビールへの愛と日本への愛、二つの愛の産物だと答えています。そして、日本への愛については、90年代半ばにジョンズ・ホプキンス大学高等国際関係大学院の日本研究学科でブライアンと出会ってからずっと、私たちは物づくりに優れた日本に深い尊敬の念を抱いてきたとも説明しています。

 

日本の物づくりについてわかりやすく説明するのに、その優秀さの代表例として、私がよく引き合いに出すのはトヨタのレクサス製造ラインです。そしてまた、シンプルで繊細な日本の陶芸、岡山の備前焼も例に挙げています。これら二つの製品は、私たちに刺激を与えてくれる、日本の最高級の職人技のお手本です。それぞれがそれぞれなりに、私たちの目指している理想の美しさと品質を表現しています。

 

このように、私が今までにどれだけレクサスと備前焼の話をしてきたかご存じなら、この二つがベアードビールと縁があったことがどれだけうれしい驚きだったか、おわかりになるでしょう。

 

東京にあるレクサスのショールーム、インターセクト・バイ・レクサスでは、ライジングサンペールエールが選ばれています。

 
 

ベアードビールと一緒にレクサスはいかがですか?

 

それから京都にあるおめんは、うどんと地元の素材を使った料理の店ですが、ベアードビールを備前焼のビアマグに注いでお客さんにお出ししています。

 
 

おめんでは、愛情をこめて作られたクラフトビールはそれにふさわしい器で。

 

日本のクラフトマンシップ-大規模なものも、小規模のものも-に乾杯!私たちもこの豊かな伝統の一部を担っていると思うと、とても誇らしいです。

 
 


 
John Chesen
 
ジョン・チェセンは、ベアード・ブルーイング・カンパニーのシニアパートナーであり、
セールスとビジネス・デベロップメント部門のディレクターである。
ジョンへのご連絡はjohn@bairdbeer.comまで。
  

こんにちは。ベアードビール・チームです。
ブルワー 村石 啓
2015.08.26 


   
氏名: 村石 啓 (むらいし ひろむ)
入社年: 2011年
職種と職場: ブルワー / 修善寺ブルワリー
 

Q:ベアードビールやニッチな日本のクラフトビールの世界に興味を持ったきっかけは?

A:学生の時からビールが好きで、いつか自分で美味しいビールを作れるようになりたいと思っていましたが、ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケトを訪れた際に働くならここしかないなと感じました。

 

Q:毎日、どんな仕事をしているの?

A:仕込みから洗浄・清掃、樽詰め・瓶詰、一部設備の点検など、醸造チームの仕事を中心に色々やらせていただいております!

 

Q:もし自分がベアードビールだったら、どのビールだと思う?その理由は?

A:これは理想ですが、チュートニックエールのように伝統的なものと新しいものを上手く融合し、かつバランスをとれるようなブルワーになりたいです。

 

Q:あなた自身の事で、まだあまり知られていないこと、何か教えて?

A:ビールの他に、実はジェラートがとても好きです。旅行に行くときは、まずブルワリー、ビアバーとジェラテリアを調べます。

 

Q:クラフトビール業界に入って、
あなたと同じような仕事をしたいと思っている人に向けて、アドバイスをお願いします。

A:どんな職場でもそうだと思いますが、自分から学び、考える姿勢をいつも忘れずにいないといけないなと思います。でもビールが好きなら楽しく勉強できると思います。自分も未熟なので頑張ります!

  

クラフトビール・カレンダー
2015年8月9月
2015.08.26 

クラフトビールカレンダー 2015年8月9月

 
〈国内イベント〉
 
【ビアイベント】

 

アコメヤ東京

8月29日(日)
“AKOMEYA TOKYO 地ビールイベント2015 ”第三弾!~静岡・ベアードビール編~
Bryanとさゆりが参加します。食事を囲みながら(立食)楽しく語らいましょう!
http://www.akomeya.jp/experience/workshop/20150829/

 

伊勢丹新宿店 クラフトビールフェア

9月2日(水)~7日(月) 
http://www.fashionsnap.com/news/2015-08-11/isetan-craft-beer/

 

沼津自慢フェスタ2015

9月10日(木)~12日(土)
ベアード発祥の地・沼津で沼津の誇る美酒・美食を集結!
http://numazu-pride.net/

  

【ビアフェス】

 

ケヤキ秋のビール祭り

9月18日(金)~23日(水・祝)
今年も参戦!この季節最大のクラフトビア祭り
http://www.beerkeyaki.jp/

 

クラフトビアピクニック

9月18日(金)〜23日(水・祝) 
場所:中之島公園芝生広場(阪神高速高架下)
http://craftbeerpicnic.com/