TOP > Baird Beer Voice
クラフトビール・カレンダー
2014年08月
2014.08.13 

img_bbv_mainttl
img_main_visual_wp2
BBV_titel_founder
Founders
 
ベアードビールファンの皆さまへ、

 

私達が修善寺の美しい自然の中にブルワリーを建てたことは、ビールと大地との密接な関係について注意を向けさせ、それを強調することに大きな役割を果たしています。世界に通じる高品質のビールを造り、流通させる過程の中で、私達の会社としての、そして同様に個人としての目標は、環境に配慮し、今までの地域環境よりも、私達の手でさらに良い環境にしていき、それを残すことです。

 

この目標を遂行するために、私達はいろいろな環境管理や維持のための道具を持たなければなりません。その一つとして、私達は最近、パタゴニア社の創立者であるYvon Chouinard氏がスタートさせた1% for the Planetという慈善団体の活動メンバーになりました。その活動は健康な地球を造ることに対して資金提供をし支援するというものです。ベアードでは、新定番商品の修善寺ヘリテッジへレスの売上の1%を、この活動のパートナーである非営利団体へ寄付し支援していきたいと思っています。

 

もし、この活動に興味があり、もっと知りたいと思うなら、8月21日(木)にベアード・タップルーム中目黒で開催される「修善寺ヘリテッジへレス×1% フォー・ザ・プラネット」キックオフ・パーティーへご参加ください。パタゴニア社からも1%FTPの成り立ち、想い、メンバーシップについてのお話があります。Bryanも私も参加しますので、皆で修善寺ヘリテッジへレスを飲みながら、環境について、大いに語り合いましょう!

 
 

乾杯

 

ブライアン & さゆり


 
BBV_titel_ja_cellar
 null

アジアンビューティびわエール


今回のリリース: アジアンビューティびわエール (リリース日:8月7日)
 
次回のリリース: ブルワーの悪夢ライIPA (リリース日: 9月1日)…つづきを読む

BBV_titel_ja_table

ローカルに乾杯!

 
 

7月15日にベアード・ブルワリーガーデン修善寺で伊豆市の「美食の会」が行われました。地元の旅館やレストランの料理長や経営者のみなさんが修善寺に新しくできたビール工場を見学にいらっしゃいました。きれいに盛りつけた天然アマゴ、柔らかく焼けた伊豆鹿のフィレ肉、丁寧に味付けした軍鶏、周りの畑からとれた有機栽培の野菜などが次々と出されました。…つづきを読む


BBV_titel_ja_craft

スペースエイジ・テクノロジー:ホップニック

 
 
 

煮沸の最終段階で、麦汁はホップニックからケトルに戻され、出がらしのホップだけがホップニックの中に残ります。このホップは大きなバケツに投棄して、マルチへの再生施設に持っていきます。…つづきを読む


BBV_titel_ja_ontheroad

1%フォー・ザ・プラネット

 
 

私のコラム「クラフトビール・ワールドの最前線リポート。」では、日本国内外のビール関連イベントについて触れてきた。今回はベアード・ブルーイングが「1%フォー・ザ・プラネット」とエキサイティングな協力関係を結んだことについてお知らせしたいと思う。つづきを読む


クリス・マデラ

 
クリス・マデラ 

ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケットが開店してまだ一週間経たないうちから飲みに行っていました。深夜というか早朝のアメフトゲームをみんなで見ているうちに、ブライアンとクリス・プールと親しくなり、クラフトビールというものについて少し詳しくなりました。…つづきを読む


BBV_titel_ja_calendar

試飲販売 東急百貨店渋谷駅東横店地階フードショー

8月16日(土)午後2時〜8時
ベアードビールの新しい定番ビール「わびさびジャパンペールエール」をはじめとするベアードの瓶ビールをお試しください。この日は、神宮花火大会!ベアードを手に花火も楽しみ!ベアードビールのセールスチームに新たに加わった酒井麻理がご案内いたします。…つづきを読む

 
 
main_footer2

ブライアンとさゆりからのメッセージ
ビールと大地の結びつき
2014.08.13 

Founders
 
ベアードビールファンの皆さまへ、

 

私達が修善寺の美しい自然の中にブルワリーを建てたことは、ビールと大地との密接な関係について注意を向けさせ、それを強調することに大きな役割を果たしています。世界に通じる高品質のビールを造り、流通させる過程の中で、私達の会社としての、そして同様に個人としての目標は、環境に配慮し、今までの地域環境よりも、私達の手でさらに良い環境にしていき、それを残すことです。

 

この目標を遂行するために、私達はいろいろな環境管理や維持のための道具を持たなければなりません。その一つとして、私達は最近、パタゴニア社の創立者であるYvon Chouinard氏がスタートさせた1% for the Planetという慈善団体の活動メンバーになりました。その活動は健康な地球を造ることに対して資金提供をし支援するというものです。ベアードでは、新定番商品の修善寺ヘリテッジへレスの売上の1%を、この活動のパートナーである非営利団体へ寄付し支援していきたいと思っています。

 

もし、この活動に興味があり、もっと知りたいと思うなら、8月21日(木)にベアード・タップルーム中目黒で開催される「修善寺ヘリテッジへレス×1% フォー・ザ・プラネット」キックオフ・パーティーへご参加ください。パタゴニア社からも1%FTPの成り立ち、想い、メンバーシップについてのお話があります。Bryanも私も参加しますので、皆で修善寺ヘリテッジへレスを飲みながら、環境について、大いに語り合いましょう!

 
 

乾杯

 

ブライアン & さゆり

 
 


季節のベアードビール・セラー
新作ビール
2014.08.13 
null
アジアンビューティびわエール

今回のリリース: アジアンビューティびわエール (リリース日:8月7日)
 
次回のリリース: ブルワーの悪夢ライIPA (リリース日: 9月1日)
 

大地の恵み・フルーツビールシリーズ:

ベアードでは2006年からアジアンビューティびわエールを仕込んでいます。物静かだがエレガント、爽快感の中に東洋の優雅さを感じさせるビール!日本物語エール(梅使用)も残りわずかです。飲み逃しなく! 
 

マンスリースタイルシリーズ:

ブルワーの悪夢ライIPAが9月のマンスリースタイルです。ペッパーのようなライ麦芽の風味とフルーティなホップの個性が絶妙なコンビネーション。IPA好きにはたまらない逸品です!そして、スパイシーでアロマティック、喉の渇きを癒すベルギースタイルのゴールデンエール、ジョイ・デ・ビブレゴールデンエールも残りわずかとなってきました。こちらもどうぞ飲み逃しなく! 
 

ブルワーのパッションシリーズ:

ドイツ産のホップだけを使用したストロングペールエールのチュートニックエール、徐々に在庫が少なくなっています。ホップのアロマが最高!是非お試しあれ。新設備初醸造記念エールGiebelsアルトは、長期熟成を経て、ますますおいしくなっています。樽とボトルの両方があります。こちらも味の進化を楽しんでください。 
 

春夏秋冬シリー:

ベアードの夏の限定はクールブリーズピルス。ボトルは完売となってしまいましたが、20L樽は在庫有りです。飲みごたえがあるものの爽快でキレのある伝統的なボヘミアンスタイルのピルスナーです。秋の限定は、やばいやばいストロングスコッチエール、今年は9月21日にリリース予定です。 
 


 

季節限定に関するお問い合わせは、info@bairdbeer.com.へどうぞ。

ベアードビール取扱店様からのご注文は、order@bairdbeer.com.で承ります。

 

2014年全体の季節限定リリースカレンダーはこちらを参照願います。

ベアード・タップルームの厨房から直行便
ローカルに乾杯!
2014.08.13 

7月15日にベアード・ブルワリーガーデン修善寺で伊豆市の「美食の会」が行われました。地元の旅館やレストランの料理長や経営者のみなさんが修善寺に新しくできたビール工場を見学にいらっしゃいました。きれいに盛りつけた天然アマゴ、柔らかく焼けた伊豆鹿のフィレ肉、丁寧に味付けした軍鶏、周りの畑からとれた有機栽培の野菜などが次々と出されました。この「美食の会」を提供したのは地元の生産者の皆さんです。地元でとれた新鮮な質の良い食材を使うことは、持続可能性と季節性を考慮してビールを作るブルワリーと完璧なペアリングとなっていると言えるでしょう。

 

アマゴの上に大変珍しい「黄金のいくら」がたっぷり。

 

「地産地消」という言葉をよく耳にすることも多いかと思いますが、改めて考えてみましょう。 アメリカの「locavore movement」は食べ物の消費の仕方で環境の持続可能性を後押しするような運動として始まりました。今日の世界規模経済の中では、近所のレストランの一品にペルー産アスパラ、韓国産カラーピーマン、アラスカ産サーモンなど、世界各地からの食材が使われているかもしれません。

 

美味しい食材を使うことだけではなくて、地元の食材を使うことで、自分の「Carbon Footprint (二酸化炭素排出量)」を減らしながら地元社会にも貢献することもできます。

 

柔らかくてクセが少ない伊豆鹿のフィレ。

 

何で地産地消?
理由はたくさんあるけど、シェフの立場からは:

 

    1. 生産者が身近にいることで食材の品質を確かめることができます。
    2. 地元で作られたものはだいたい生産者のプライドをかけて作ったものなので、品質が良いです。
    3. 食材の移動距離を減らすことで、余計な保存料や防腐剤を使わずに新鮮なものを入手できます。
    4. 地元産を買うことで、地元に貢献する。どんな商売であれ、みんながするべきことだと思います。

 

修善寺周辺の美味しい食材はこの秋にベアードタップルームのスペシャルメニューとして提供されます!
みなさんペアリングイベントにご注目ください!

 

シェフ ジュン
Chef Joon

  

ブルワーの職人技
スペースエイジ・テクノロジー:ホップニック
2014.08.13 

修善寺で新たに導入されたロレックの醸造システムには、中規模のクラフトビールブルワリーにとっては珍しい特徴がたくさんあります。中でも私が一番感動しているのはホップニック、昔のソビエトの宇宙船スプートニクに似ていることからそう名付けられました。

 

ホップニックの発射準備完了

 

うちのパイロットシステムや小さいほうの設備でもそうですが、大概のブルワリーではホップを直接ケトルに加え、その苦味と精油成分を麦汁に煮出します。しかし、ホールのホップを使うと、煮沸後にホップを取り除くのが重大な課題となります。なぜならホップがパイプやチラーに詰まってしまうからです。ホップニックはこんな問題を回避してくれます。

 

修善寺を訪れたお客様のなかに、ホップニックを巨大なボール型の茶こしにたとえた方々がいらっしゃいました。ホップニックの内部にはスプレーボールとステンレス製のストレーナーが設置されています。煮沸の過程で、ホップはホップニックに投入され、沸騰した麦汁は容器内の上部にあるスプレーボールからホップニック内部に噴射され、ケトルとホップニックの間を循環します。そして、ホップの素晴らしい風味と香りをもたらして、麦汁はストレーナーを通してケトルにポンプで吸い戻されていきます。

 

ホップニックの内部

 

煮沸の最終段階で、麦汁はホップニックからケトルに戻され、出がらしのホップだけがホップニックの中に残ります。このホップは大きなバケツに投棄して、マルチへの再生施設に持っていきます。

 

その後で新しいホップをホップニックに投入し、冷却して発酵タンクに移し替える前の麦汁を、その新しいホップにまた循環させます。こうすることでベアードのホップ豊かなビールに、より一層の香りのパンチが加わります。

 

麦汁の冷却の前にホップを投入

 

さらにもうひとつ、ホップニックはフルーツビールを作る時にも使えます。先月、季節限定のアジアンビューティびわエールを醸造した際には、煮沸時と冷却前の両方で、びわの実をホップニックに入れてみました。

 

ホップニックは絶妙な苦味と風味、香りをホップから引き出してくれます。そしてさらに、おまけとしてですが、後でホップを片付けるのがとても楽になりました。これはブルワーにとっては一挙両得です!

 


 
Chris Poel
 
クリス・プール: ベアード・ブルーイング・カンパニーの
シニア・パートナー兼ブルーイング・オペレーション・ディレクター。
ご連絡はchris@bairdbeer.comまで。  

クラフトビール・ワールドの最前線リポート
1%フォー・ザ・プラネット
2014.08.13 


 

私のコラム「クラフトビール・ワールドの最前線リポート。」では、日本国内外のビール関連イベントについて触れてきた。今回はベアード・ブルーイングが「1%フォー・ザ・プラネット」とエキサイティングな協力関係を結んだことについてお知らせしたいと思う。

 

ベアードビールの製造には大量の資源を消費する。麦芽やホップといった主原料は海外からブルワリーに届く。ビールの製造と瓶のリサイクルには膨大な量のエネルギーを消費する。水は世界中で次第に不足しつつある資源だが、ビール製造に一番必要な資源である。

 

私たちはビジネスそして哲学的理由のため、資源を効果的かつサステイナブル(持続可能)に利用できるよう運営の向上に努めていきたい。

 

美味しくて…しかも地球に優しくないと!

 

この目標を達成するために、私たちも先人の成果をさらに高める努力を重ねてみよう。クラフトビール業界の同業他社、シエラネバダとニューベルジャンは、サステイナビリティに関して会社全体で特に熱心に取り組んでおり、イニシアティブをとっている。例えば、両社共に再生利用エネルギーを優先的に使用してきた。それに準じて私たちも最初の一歩として、修善寺の新ブルワリーの屋根の上に49キロワットの太陽電池パネルを設置した。

 

2014年5月、ベアードブルワリーの屋根の上に太陽電池パネルを設置した。

 

これらの先駆者的ブルワリーが実証しているのは、チームワークと努力と想像力があれば、クラフトビールの醸造や充填、販売、流通がよりサステイナブルになる方法が、無数に存在するということだ。

 

また、アウトドア用品製造販売メーカーであるパタゴニアのサステイナビリティ活動と精力的な自然環境保護活動にも敬服させられる。その創設者であるイヴォン・シュイナードは、2002年に1%フォー・ザ・プラネットを設立し、グローバルでビジネス主導型のサステイナビリティ戦略を実践し続けてきた。 これにインスピレーションと刺激を受け、ベアード・ブルーイングも1%フォー・ザ・プラネットに参加することを決意した。

 


 

1%フォー・ザ・プラネットの本質を表す基本原理はシンプルでパワフルだ。
第一に、健康かつ健全な状態は環境によってもたらされる。
第二に、企業は将来の世代のために地球を保護する方法で運営する責任を担う。
最後に、指定された商品または会社全体の売上げ高の1%は、48カ国の1200企業以上が参加するとなれば、環境問題に対する意識の向上とある程度のレベルにまで成長しているサステイナビリティという成果を伴った莫大な供給源となる。

 


 

ベアード・ブルーイングはどのように1%フォー・ザ・プラネットに関与していくのか?
定番ビールの新製品、ベアードビール修善寺ヘリテッジヘレスの今年の6月からの年間売上げ高の1%を、日本を拠点とした教育活動や奉仕活動、草の根運動を通して環境サステイナビリティへの貢献を第一目的にしている非営利団体(NPO)に寄付していく。

 

1%フォー・ザ・プラネットの貢献がどのように行われているか。例としてパタゴニア・ジャパンの支援を受けている日本の非営利団体JEANと、スケートボードやスノーボード、サーフィン衣料のボルコム・ジャパンのコラボレーションを挙げてみよう。両者は、日本の海岸線や、世界中の海に広範囲で広がる、プラスチックゴミとその他廃棄物の潮流の問題に取り組むために、ビーチ清掃運動を計画した。

 

修善寺ヘリテッジヘレスの1%フォー・ザ・プラネットのロゴ

 

この協力関係を記念し、ベアード・タップルーム中目黒で8月21日(木)午後7時から9時まで、「修善寺ヘリテッジへレス×1% フォー・ザ・プラネット」キックオフ・パーティーが開催されます。

 

パタゴニア・ジャパンの環境担当の篠健司さんから1%フォー・ザ・プラネットについて解説していただき、ベアード・ブルーイング・ブルーマスター兼代表パートナーのブライアン・ベアードが活動への参加の動機について説明する。

 

もちろん、修善寺ヘリテッジヘレスはタップでサーブされ、この素敵なラガーに合わせてシェフのオウ・ジュンが特別料理をご用意する予定だ。

 

どうぞご一緒にビールを祝福して、「Give Back to Blue!」

 


 
John Chesen
 
ジョン・チェセンは、ベアード・ブルーイング・カンパニーのシニアパートナーであり、
セールスとビジネス・デベロップメント部門のディレクターである。
ジョンへのご連絡はjohn@bairdbeer.comまで。
  

こんにちは。ベアードビール・チームです。
クリス・マデラ
2014.08.13 

クリス・マデラ
   
氏名: クリス・マデラ
入社年: 2009年
職種と職場: ベアード・タップルーム全店のドラフトビア&フィールドサービスマネージャー
 

Q:ベアードビールやニッチな日本のクラフトビールの世界に興味を持ったきっかけは?

A:ベアード・タップルーム沼津フィッシュマーケットが開店してまだ一週間経たないうちから飲みに行っていました。深夜というか早朝のアメフトゲームをみんなで見ているうちに、ブライアンとクリス・プールと親しくなり、クラフトビールというものについて少し詳しくなりました。その後数年にわたって 、アメフトのゲームをもっとたくさん見ながら結構な量のビールを飲んで、とうとうベアードビールで正式に働くことになったというわけです。
 

Q:毎日、どんな仕事をしているの?

A:ベアード・タップルーム全店のドラフトビアマネージャーをしています。
各店舗のビアマネージャーとスタッフにうちの厳格なビールラインの洗浄工程とビールのサービングのいろは(適切なグラスの選択や正しい注ぎ方、温度、泡の量等)を徹底させるのが主な仕事です。その他には、ブルワリーの中や外で、ビールの製造以外のほとんどの作業をしています。ビール製造についても、直にその仕事に就く機会に恵まれるかもしれません。
 

Q:もし自分がベアードビールだったら、どのビールだと思う?その理由は?

A:12種類の定番ビールに加えて、スタイルと味の異なるバラエティ豊かな季節限定ビールを毎年50-60種も造っているのに、その中から1本だけ選ぶの?マジ?誰がこの質問考えたんだろう…?
 

Q:あなた自身の事で、まだあまり知られていないこと、何か教えて?

A:それじゃいくつか挙げてみます:実際の歳よりちょっと若く見えること(あともう数年、こう言っていられるといいんだけど)。
友だちと一緒にお父さんの古いキャデラックに乗っていて牛を轢いてしまったこと。
子供の頃「ジョーズ」を観てむちゃくちゃ怖がったこと。
一杯おごってくれたら、もうちょっと詳しく教えてあげますよ。
 

Q:クラフトビール業界に入って、
あなたと同じような仕事をしたいと思っている人に向けて、アドバイスをお願いします。

A:ビールについて学べることは何でも学ぶこと。原材料からビールのスタイル、醸造法、パッケージング(容器への充填)、ビールサービング(これにはもちろん、ビールの品質チェックのための試飲も含まれます)に至るまで、すべてです。「何でも屋」であることは、この業界ではとても役に立ちます。1つ、あるいは複数の分野でスキルを持っていれば、どんなブルワリーやパブでも貴重な人材になりうるでしょう。
  

クラフトビール・カレンダー
2014年8月 9月
2014.08.13 

試飲販売 東急百貨店渋谷駅東横店地階フードショー

8月16日(土)午後2時〜8時
ベアードビールの新しい定番ビール「わびさびジャパンペールエール」をはじめとするベアードの瓶ビールをお試しください。この日は、神宮花火大会!ベアードを手に花火も楽しみ!ベアードビールのセールスチームに新たに加わった酒井麻理がご案内いたします。

   
 

「修善寺ヘリテッジへレス×1% フォー・ザ・プラネット」キックオフ・パーティー

8月21日(木)午後7時~9時  ベアード・タップルーム中目黒
「1%フォー・ザ・プラネット」への協力関係を記念して、キックオフ・パーティを開催します。

パタゴニア・ジャパンの環境担当の篠健司さんから1%フォー・ザ・プラネットについて解説していただき、ベアード・ブルーイング・ブルーマスター兼代表パートナーのブライアン・ベアードが活動への参加の動機についてご説明いたします。

もちろん、修善寺ヘリテッジヘレスはタップでサーブされ、この素敵なラガーに合わせてシェフのオウ・ジュンが特別料理をご用意する予定です。どうぞご一緒にビールを祝福して、「Give Back to Blue!」

 

沼津自慢フェスタ

9月11日(木)12日(金)午後5時~9時 13日(土)午後3時~9時 
会場:沼津中央公園
www.numazu-pride.net
沼津のうまいものとうまい酒、そしてもちろんクラフトビールを、素敵な音楽と一緒に楽しみましょう。夏の終わりの陽気なお祭りに、どうぞみなさまでお越しください。