TOP > Baird Beer Voice
配信済み Baird Beer Voice
June 2014
2014.06.20 


img_bbv_mainttl
img_main_visual_wp2
BBV_titel_founder
Founders
 
ベアードビールファンの皆さまへ、

 
沼津から修善寺へのブルワリー移転も、大きなトラブルもなく、何とか無事に完了しました。あなたがもしブルワリーを訪れたら、最初に気づくことはその規模の大きさでしょう。ベアードブルワリーは、2001年に、1日に僅か30L仕込という日本最小規模のクラフトブルワリーとして誕生しました。そして2014年現在、日本でも大きな規模の一つに入るクラフトブルワリーへと成長しました(1仕込6000L)。
 

Baird Equipment

 
新しいブルワリーになり、私達が念頭に置きそして最も重要としているのは、その大きさではなく、品質の向上です。私達の目標は、常に進化し、今までよりもさらに質の高いビールを造るということ。クラフトブルーイングの世界では、大きくなるということは、それに伴い良くなるということなのです。ベアードビールの醸造を始めてから今まで、そして重要な拡大のチャンスがあった際にはいつも、より良い品質のベアードビールを造るために、より良い道具を手に入れ、体制を強化してきました。私達の醸造に関する哲学は、創業時から何一つ変わっていません。フレーバーと個性に溢れるビール造りに対する情熱はずっと燃え続けています。この新しく大きなブルワリーは、私達のビール醸造の夢を、より高品質に、より効率的に追求することを可能にしてくれるのです。
 
ベアードが今後どれくらい大きくなれるか?それは、私達はわかりません。なぜなら、それは完全に市場次第だから。ただ私達は、これからも、毎日、毎月、毎年、ビールの品質向上を追い求め、精進するのみです。
 
どうぞこの新しいブルワリーに遊びに来て下さい。3階には美しいテイスティングルーム(ブルワリーガーデンタップルーム)があり、階下に醸造設備を眺めることができます。
ビールを片手に、どうぞご自由に見学ください。
   
7月からは、実際に醸造の現場を見学することができるガイド付きツアーも開始します。
 

ガイド付きツアー日程: 土・日・祝日
ツアー開始時間: (1) 12:30 (2) 14:30 (3) 16:30
ツアー時間: 約30分
参加費: 無料
参加可能人数: 1ツアーに付20人まで
予約: 現地受付。または事前予約の場合は以下へご連絡ください。
(Email: gardens-tap@bairdbeer.com) (Tel. 0558-73-1225)

 

修善寺の美しい自然に囲まれた新しいブルワリーで、皆さんに逢えるのを楽しみにしています。
乾杯

 

ブライアン & さゆり



 
BBV_titel_ja_cellar
 
null

新設備初醸造記念ビールGiebelsアルト

 
今回のリリース:  クールブリーズピルス (リリース日:6月21日)
次回のリリース:  静岡サマーみかんエール (リリース日: 6月27日);  ジョイ・デ・ビブレ ゴールデンエール (リリース日: 7月8日)…つづきを読む
 
 
BBV_titel_ja_food
 

グリル&チル:ビール、鶏、アウトドアの魅力

 
Potato Salad on the side
 

毎日のように雨に打たれる中、私は窓から外を眺めて日本の暑い夏がくることを楽しみに待っています。皆様、夏がきます。そろそろ倉庫で眠っているBBQグリルを出してみましょう。熱く燃える炭の香り、肉がグリルに触れる瞬間の音、そして手に握った冷たくて美味しいクラフトビール、最高です。こういう時に改めて、美味しいビールと美味しい食べ物はお店の外でもいいものだなと感じるものです。…つづきを読む
 
BBV_titel_ja_craft
 

修善寺

 

 
私が修善寺ブルワリーでの仕事を始めてからほぼ2ヶ月がたつが、未だに初日のワクワクした気持ちで仕事をしている。
このように素晴らしい施設で働くのは喜ばしいことだと、毎日ひしひしと感じている。
このブルワリーでの仕事は沼津のそれとはだいぶ違う。
なかでも次の3つの相違点によって、新しいブルワリーは面白いことになっている。…つづきを読む
 
 
BBV_titel_ja_ontheroad

旅立ち

 

 
人生やビジネスのさまざまな場面で、意義ある旅立ちというものは、大抵つらい別れを伴う。…つづきを読む
 
 
BBV_titel_ja_team

リードブルワー 片岡哲也

 
null
 
氏名: 片岡哲也
入社年: 2008年
職種と職場: リードブルワー(修善寺ブルワリー)
 

Q:ベアードビールやニッチな日本のクラフトビールの世界に興味を持ったきっかけは?

A:元々お酒造りに憧れていて、イギリス留学中に飲んだビール達がきっかけでビール造りに興味を持ち、それから自然とベアードビール、日本のクラフトビールに入っていきました。…つづきを読む
 
 
BBV_titel_ja_calendar 
アメリカ 独立記念祭@馬車道タップルーム:7月5日(土)&6日(日
詳細はベアード・タップルーム 馬車道にてアップしますので、どうぞお楽しみに!…つづきを読む
 
 
main_footer2

ブライアンとさゆりからのメッセージ
ブライアンとさゆりからのメッセージ
2014.06.20 

Founders
 
ベアードビールファンの皆さまへ、

 
沼津から修善寺へのブルワリー移転も、大きなトラブルもなく、何とか無事に完了しました。あなたがもしブルワリーを訪れたら、最初に気づくことはその規模の大きさでしょう。ベアードブルワリーは、2001年に、1日に僅か30L仕込という日本最小規模のクラフトブルワリーとして誕生しました。そして2014年現在、日本でも大きな規模の一つに入るクラフトブルワリーへと成長しました(1仕込6000L)。
 

Baird Equipment

 
新しいブルワリーになり、私達が念頭に置きそして最も重要としているのは、その大きさではなく、品質の向上です。私達の目標は、常に進化し、今までよりもさらに質の高いビールを造るということ。クラフトブルーイングの世界では、大きくなるということは、それに伴い良くなるということなのです。ベアードビールの醸造を始めてから今まで、そして重要な拡大のチャンスがあった際にはいつも、より良い品質のベアードビールを造るために、より良い道具を手に入れ、体制を強化してきました。私達の醸造に関する哲学は、創業時から何一つ変わっていません。フレーバーと個性に溢れるビール造りに対する情熱はずっと燃え続けています。この新しく大きなブルワリーは、私達のビール醸造の夢を、より高品質に、より効率的に追求することを可能にしてくれるのです。
 
ベアードが今後どれくらい大きくなれるか?それは、私達はわかりません。なぜなら、それは完全に市場次第だから。ただ私達は、これからも、毎日、毎月、毎年、ビールの品質向上を追い求め、精進するのみです。
 
どうぞこの新しいブルワリーに遊びに来て下さい。3階には美しいテイスティングルーム(ブルワリーガーデンタップルーム)があり、階下に醸造設備を眺めることができます。
ビールを片手に、どうぞご自由に見学ください。
   
7月からは、実際に醸造の現場を見学することができるガイド付きツアーも開始します。
 

ガイド付きツアー日程: 土・日・祝日
ツアー開始時間: (1) 12:30 (2) 14:30 (3) 16:30
ツアー時間: 約30分
参加費: 無料
参加可能人数: 1ツアーに付20人まで
予約: 現地受付。または事前予約の場合は以下へご連絡ください。
(Email: gardens-tap@bairdbeer.com) (Tel. 0558-73-1225)

 

修善寺の美しい自然に囲まれた新しいブルワリーで、皆さんに逢えるのを楽しみにしています。
乾杯

 

ブライアン & さゆり

 
 


季節のベアードビール・セラー
季節のベアードビール・セラー
2014.06.20 
null
新設備初醸造記念ビールGiebelsアルト

 

今回のリリース:  クールブリーズピルス (リリース日:6月21日)
次回のリリース:  静岡サマーみかんエール (リリース日: 6月27日);  ジョイ・デ・ビブレ ゴールデンエール (リリース日: 7月8日)

 

春夏秋冬シリーズ:

夏の季節限定はクールブリーズピルス。ベアードでは、この爽快でキレのある伝統的なボヘミアンスタイルのピルスナーを、創業時の2001年夏より毎年造り続けています。夏の暑さを吹き飛ばす特効薬です! 
 

マンスリースタイルシリーズ:

7月のスタイルは、スパイシーでアロマティック、そして喉の渇きを癒すベルギースタイルのゴールデンエール:ジョイ・デ・ビブレ ゴールデンエールです。ベルギー人ほど、あらゆる人生の喜びの中に、ビールが深く結びついている国民はいないでしょう。 
 

大地の恵み・フルーツビールシリーズ:

ベアードでは静岡サマーみかんエールを10年以上も造り続けています。ベアードの夏の定番といってもいいでしょう。このシリーズの代表的なビールの一つです。 
 

ブルワーのパッションシリーズ

このシリーズ最新のリリース、ワーキングマンズダークマイルドは、イギリスのエール醸造の歴史や伝統に敬意を表し造られました。アルコール度数は低いもののフレーバーに満ちたエールは、イギリスの醸造文化の真髄と言えます。ワーキングマンズダークマイルドは、生樽のみで、伝統的なリアルエールとして提供されるベアードタップルームの限定商品となっています。

   

ベアード新ブルワリーオープンを記念した3種類のビールも引き続き提供可能です。新設備初醸造記念ビールGiebelsアルトは、その名の通り、新醸造設備で仕込んだ初めてのビール。この醸造設備の試運転操作を担当したドイツ人技師Daniel Giebel氏の指導の下、ドイツの伝統的な製法であるデコクションマッシングを初めて施しこのドイツスタイルの古典的なアルトビールを造りました。そしてDanielの指導と支援に敬意を称し、彼の名前をビールの名に取り入れました。わびさびジャパンペールエールは、日本の美学・侘寂(わびさび)を追求すべく、地元の誇る原材料であるわさびとお茶を加えました。修善寺ヘリテッジへレスは、古典的なバーバリアンスタイルのへレスラガーで、フレーバーの深さと繊細さを楽しむことができます。 
 

季節限定に関するお問い合わせは、info@bairdbeer.com.へどうぞ。
ベアードビール取扱店様からのご注文は、order@bairdbeer.com.で承ります。

2014年全体の季節限定リリースカレンダーはこちらを参照願います。

ベアード・タップルームの厨房から直行便
グリル&チル:ビール、鶏、アウトドアの魅力
2014.06.20 

毎日のように雨に打たれる中、私は窓から外を眺めて日本の暑い夏がくることを楽しみに待っています。皆様、夏がきます。そろそろ倉庫で眠っているBBQグリルを出してみましょう。熱く燃える炭の香り、肉がグリルに触れる瞬間の音、そして手に握った冷たくて美味しいクラフトビール、最高です。こういう時に改めて、美味しいビールと美味しい食べ物はお店の外でもいいものだなと感じるものです。
 

ベアードブルーイングの新しいビール工場のオープニングパーティーでは炭でたくさん焼きました。多くのクラフトビールファンとベアードの友達は美味しいビールとアツアツのBBQのために伊豆半島まできてくれました。外で食べる食事は特別美味しいと感じた方も多かったような気がします。
 

ハンバーガーやステーキは定番で人気メニューですが、夏の料理でお友達をおもてなしするのに、あなたのお気に入りのベアードビールを使ったビール缶チキンのレシピはいかがでしょうか。ハニーマスタードマリネで皮はクリスピーに、また、ビールがチキンを内側から蒸すことで、骨からホロホロ崩れるようなジューシーな仕上がりになります。
 

Baird Beer Can Chicken

おいしいチキンたち、起立!

 
ベアードビール缶チキン(1kgのグリラー2羽分)

1kgぐらいの丸鶏(掃除、解凍、ドライ済み)2羽

塩、コショウ

ハニーマスタードマリネ (レシピは下記)

250mlのしっかりしたアルミ缶* 2本

好きなベアードビール 1パイントぐらい

 

ハニーマスタードマリネ

イエローマスタード 300g

はちみつ250g

好きなフレッシュハーブ(エストラゴン、パセリ、タイム、など)一つかみ

 

作り方
1.
鶏の内側と外側にマスタードマリネを手でよくすり込み、最低一時間(長くて一晩)つけておきます。マリネは焼く時のために少し残しておきます。
2.
BBQグリルに火をおこします。**
3.
缶切りでアルミ缶の上部にいくつか穴をあけ、ビールを半分ぐらいになるまで入れます。
4.
グリルの直火でなく、温かいところに缶をおき、鶏を缶に差し込みながら座らせます。
5.
ふたをして鶏を30-45分焼きます。時々ふたを開けて、鶏を回したり、ソース塗ったりします。肉の温度が74℃(胸)、83℃(もも)になったらグリルからだします。
6.

鶏が手で触れるような温度になったら、缶を出して胸を下向きにしてまな板におきます。***

7. 料理用のはさみで背骨を切り取って、包丁で鶏の胸のところを切って半分にします。
8.
シンプルなサラダやグリル野菜とともに盛り付けます。

 
Potato Salad on the side

ポテトサラダもよく合いますよ。撮影:小柴尊昭

  

ポイント:

お茶などが入っている、厚めの缶の方が使いやすいです。

**

炭をグリルの中心部に集めて周りを間接加熱のエリアにするか、周りに炭をおいて中心部を間接加熱のエリアにするのがおすすめです。

***

グリルした鶏から取り出す缶とその中身はすごく熱くなっていますので、十分注意してください!

 

Chef Joon

  

ブルワーの職人技
修善寺
2014.06.20 

私が修善寺ブルワリーでの仕事を始めてからほぼ2ヶ月がたつが、未だに初日のワクワクした気持ちで仕事をしている。
このように素晴らしい施設で働くのは喜ばしいことだと、毎日ひしひしと感じている。
このブルワリーでの仕事は沼津のそれとはだいぶ違う。
なかでも次の3つの相違点によって、新しいブルワリーは面白いことになっている。
 
1つめはブルワリーの大きさだ。
ブルワリー内は、とても効率的にレイアウトされているが、この建物はよくある建物とは違ってコンパクトというわけではない。階段も部屋も、とにかくたくさんある。
新しい60hlのブルーハウス、発酵タンクエリア、酵母と砂糖の貯蔵タンク室、ビール充填室、ウォークイン冷蔵庫、10hl半自動操作システム、2.5hlハンドポンプ・限定ビール・試作用システム、ユーティリティルーム、ロッカールーム等々。
しかもこれには私が頻繁に訪れる屋外のエリアは含まれていない。
ブルワリーの敷地内だけで一日10キロの距離を私は歩いているようだ。
いや、おそらくそれ以上だろう。
おかげで体型を保っているし、階段の昇り降りで膝も日々強くなっているようだが、毎日家に帰る頃にはすっかり疲れ果てている。
だがこれは心地よい疲労感だ。
 

発酵タンクエリアだけで沼津のブルワリー全体よりも大きい

 
2つめは、ブルワリーの規模の大きさのために、コミュニケーションをとるのがより難しくなったことだ。
私が誰かを、あるいは誰かが私を探している時、なかなか見つけられないことがよくある。
その人が私のすぐ側に立っているのでなければ、できることは2つ。
しばらく歩き回るか(上の文章を参照)、それとも携帯で連絡をとるか。
私が探しているブルワーもまた私のことを探している時は、特にイライラさせられる。
めぐり合えずにどうどう巡りを繰りかえし、結局携帯に頼る羽目になる。
多くの場合、相手は角の向こう、すぐそこにいて、実際彼の携帯が鳴るのが聞こえたりする。
 

本当に広い!

 
だが一番大きな違いはビールの醸造だ。
新たに設置されたROLECブルーハウスはコンピューター制御されていて、以前とは工程がかなり異なる。
旧ブルワリーでは、レシピは材料と時間、温度を1ページに示したものだった。
今は、コンピューターにレシピを設定するのに10段階の工程がある。
これにより、ビールの管理と、より高い一貫性が保てるようになったが、醸造を始めるのに少々高度な計画を立てなくてはならなくなった。
それでも依然として、特製モルトの袋、長く重いホース、ビールケグ、ビール瓶の入ったケースなどを扱うかなりの肉体労働が残っている。
 

以前はプリントアウト1枚。今は、10工程のコンピュータープログラム

 
それでも、一日が終わると私は3階にあるタップルームに上り、美味いビールを一杯やりながらリラックスすることができる。
これで疲れもフラストレーションも一気に解消される。
 

ビールでリラックス

 
新しいブルワリーにまだお越しでない方は、ぜひ、お早めにいらしてください。きっと私たちと同じような喜びを感じていただけると思います
  
Chris Poel
 
クリス・プール: ベアード・ブルーイング・カンパニーの
シニア・パートナー兼ブルーイング・オペレーション・ディレクター。
ご連絡はchris@bairdbeer.comまで。  

クラフトビール・ワールドの最前線リポート
旅立ち
2014.06.20 

人生やビジネスのさまざまな場面で、意義ある旅立ちというものは、大抵つらい別れを伴う。
 
5月の末、過去8年に渡ってベアードブルーイングの沼津フィッシュマーケット・ブルワリーがあった建物を前にして、ブライアンとさゆりもそれを感じていた。
幾千回も仕込んだビールと、数え切れないほどの思い出がこの海辺の建物の中で作られたのだ。
 

沼津の工場に別れを告げるブライアンとさゆり

 
信念をもって働き続け(汗は素晴らしいビールの隠し味だと言われています!)、そしてお客様と株主、関係者の方々からの支持もあって、新しい道が開けたのだ・・・
 

新ブルワリーへの道

 
・・・そして、歓迎の一杯を掲げる新たな機会も。
 

新ブルワリーにお客様をお迎えするブライアンとさゆり

 
これまでの道のりの物語は こちらへ
そしてベアード・ブルワリーガーデン修善寺のオープニング・ウィークエンドの写真はこちらこちらからどうぞ。(Facebookへのログインが必要です)
  
John Chesen
 
ジョン・チェセンは、ベアード・ブルーイング・カンパニーのシニアパートナーであり、
セールスとビジネス・デベロップメント部門のディレクターである。
ジョンへのご連絡はjohn@bairdbeer.comまで。
  

こんにちは。ベアードビール・チームです。
リードブルワー 片岡哲也
2014.06.20 

null
   
氏名: 片岡哲也
入社年: 2008年
職種と職場: リードブルワー(修善寺ブルワリー)
 

Q:ベアードビールやニッチな日本のクラフトビールの世界に興味を持ったきっかけは?

A:元々お酒造りに憧れていて、イギリス留学中に飲んだビール達がきっかけでビール造りに興味を持ち、それから自然とベアードビール、日本のクラフトビールに入っていきました。
 

Q:毎日、どんな仕事をしているの?

A:ビールの醸造から製品になるまでのすべての工程に関わっています。
仕込み、品質管理、タンクや部品などのCIP、樽詰め、瓶詰などです。

 

Q:もし自分がベアードビールだったら、どのビールだと思う?その理由は?

A:フルーツフルライフシトラスIPAです。基本ハッピーに生きているので。
 

Q:あなた自身の事で、まだあまり知られていないこと、何か教えて?

A:よくわかりませんが、僕に聞きたいことがありましたら、なんでも答えます。飲みに行きましょう。
 

Q:クラフトビール業界に入って、
あなたと同じような仕事をしたいと思っている人に向けて、アドバイスをお願いします。

A:ブルワーになりたいなら英語の知識はあったほうが有利だと思います。まだ日本語でのクラフトビールや醸造に関する本も少ないので、海外の本や外国人ブルワーなどの情報や知識が大事になります。

クラフトビール・カレンダー
クラフトビール・カレンダー 2014年7月
2014.06.20 

アメリカ 独立記念祭@ベアード・タップルーム 馬車道:7月5日(土)&6日(日
詳細はベアード・タップルーム 馬車道にてアップしますので、どうぞお楽しみに!
 
 
クラフトビアフェスと&マーケット@阪神デパート(大阪梅田):7月11日(金)~13日(日)
クラフトビアベースと阪神デパートのコラボレーションイベント。阪神百貨店梅田本店にて世界各国より150種類以上のビールを揃えました。
試して!飲んで!買って!クラフトビールをより身近に感じることのできる3日間。
   
7月11日15:00~20:00
7月12日12:00~20:00
7月13日12:00~20:00
   
場所
阪神百貨店梅田本店11階 グリーンルーム

 
 
ベアード・タップルーム 沼津フィッシュマーケット 14周年祭:7月19日(土)~21日(月・祝)正午~24時
ベアードビールの原点、ベアード・タップルーム 沼津フィッシュマーケットが14周年を迎えます。ブルワリーは修善寺へ移転しましたが、タップルームは健在です。連日ビールはぶらぶらカップ500円で提供。フードも、一皿500円均一。今年はタップルーム前の干物屋さんの2階を借りて、BBQもやります。是非遊びにいらしてください!