TOP > Baird Beer Voice
配信済み Baird Beer Voice
March 2014 Volume.II
2014.03.20 

img_bbv_mainttl
 
img_main_visual_wp2

BBV_titel_ja_founder

ベアードビールファンの皆様へ。
 

変化は人生において、良くも悪くも絶え間なく訪れるもの。ほとんどの変化は、徐々に訪れるため、毎日の生活ではあまり感じない。しかし、時には、突然に重大で決定的な、避けられない変化もある。2014年の今年、創業14年目の当社にとっては、まさに後者の変化が訪れようとしています。今年は、大なり小なり、いろいろな変化があり、そのすべてが、当社がクラフトビール会社としてより良い方向へ成長するためのものであると、私達は信じています。ファンの皆様にも、ご理解とご協力いただき、温かく見守っていただけたらと願っています。

 

このベアードビールヴォイスもその変化の一つ。今までのように、季節限定がリリースされる毎に発行するのではなく、毎月2回、1週目と3週目の木曜日に発行されます。今までのメルマガよりも、幅広く、豊富な内容で、画像なども多く取り込んでいきます。

 

新ウェブサイトに、年間の季節限定リリースカレンダーを公開したのもその変化の一つ。ベアードビール取扱店の皆様にとっては、ベアードビールの限定商品の予約や注文が計画的にでき、そして消費者の皆様にとっては、そのカレンダーを見て、次は何を飲もうかと楽しみも増えます。

 

また、オンラインショップを、Yahoo!ショッピングに移行することも3つ目の重要な変化です。これによって、クレジットカード決済が可能となり、以前のものより、より効率的に注文できるようになります。現段階ではまだ簡易ページですが、よりよい内容にするため、商品数を増やすなど、魅力的なショップ造りを目指していきます。

 

いろいろな変化が起こっていますが、皆様からのフィードバックも、いいこと、悪いこと、すべて、遠慮なくお聞かせください。お待ちしています。

 

乾杯!

ベアードブライアン&さゆり

img_funders

BBV_titel_ja_cellar

beer_seasonal_img01_morningcoffee

3月は、冬が終わりそして春が訪れる月。春は、日本では新学期や新年度などの始まりや、新緑など生命が新しく生まれ変わる季節。まさに、クラフトビール革命がビールの世界にもたらしたもの、それが再生と復活である。そこで、3月はこの二つの言葉、再生と復活、をキーワードに、多様な季節限定ビールのスタイルをリリースし、祝います。

 

ブルワーのパッションシリーズ
2種類の伝統的なヨーロッパのエールであるミッドナイトオイルエキスポートスタウトラック・オブ・ザ・アイリッシュレッドエールをリリース。外販用の在庫はほぼ残っていないが、ベアードのタップルーム各店舗や全国のベアードビール取扱店では、まだ樽で扱っているところもあるので、是非無くなる前に試して下さい。…つづきを読む

BBV_titel_ja_table

ベアードビール・テーブル第一回へようこそ!
これからいくつかのテーマについてお話したいと思いますが、このコラムでは主にビールとフードペアリングのすばらしい世界に焦点をあてます。

 

皆さんもよくご存じのように、ビールにはさまざまな風味と質感があります。だからこそ、ビールとフードのペアリングは食通やシェフにとって可能性が広がっています。
「Complementary Pairing-コンプリメンタリーペアリング」というのは、2つの似た風味を一緒に味わうことです。例えば、フルーツビールに使う果物と料理に使う果物を合わせることです。つまり、「より道みかんボック」とオレンジとはちみつの照り焼きスモーク・チキン・ウィングです。オレンジの風味がビールと料理の両方に生きています。さらにボックビールとはちみつの甘さも共通しています…つづきを読む

Mikan-Bock-and-chicken-wings
ソースだけではなく、鶏自体を味わって。

BBV_titel_ja_craft
The-Meheen-Bottle-Filler
 

瓶へ、愛をこめて。

 

ビール好きなら、みんな誰もが瓶ビールを飲んだことがあるはず。でも、瓶から直接飲むにしろ(うげ~)、優しくカップに注ぐにしろ(使い捨ての赤いプラスティックカップでさえ瓶よりはマシ)、ただの瓶に注意を払うような価値はないし、まじまじと見たりしないだろう。しかし、瓶は醸造過程で重要な役割を担っているのだ。そしてブルワリーには、効率的で効果的なビール充填機があることが重要なのだ。

 

私たちのビール充填機は、コンパクトなメヒ―ン・マーリン・フィラー、シンプルで作業がかなり速い機械だ。瓶は一列6本に並べられ、6つの充填管の下の所定の位置に押し込まれる。酸素を取り除くために、二酸化炭素が瓶に2度注入される ― 酸素はビールの味を非常に早く劣化させ、貯蔵可能期間を短くし、ビール好きをちょっとがっかりさせるのだ。…つづきを読む

BBV_titel_ja_ontheroad

Beertopia

香港クラフトビール事情

香港。海と山と摩天楼そして、ネオンが灯るドラマチックな風景が、創造的で活気にあふれた企業家のエネルギーに勢いを加えている。
 
猛烈に地元志向で、猛烈にグローバル、香港はユニークな都市だ。中国の、そして世界の最高のものがここにはある。しかし、長い間、この法則の例外はクラフトビールだった。香港は最も洗練されたワインマーケットのひとつに数えられている一方、他の国々と同じように、ビールマーケットは大企業のビール会社に支配されている。サン・ミゲルやハイネケンがそうだ。…つづきを読む

BBV_titel_ja_retailer

The-Retailer
 

店 名: Brasserie & Bar finlaggan
住 所:

茨城県つくば市天久保2-9-2 リッチモンド二番街二階

氏 名: 松島 壮志
職 種: レストランバー

 

Q: お店の自慢または特徴、ユニークなところを教えてください。
A:ジャンルにこだわらず美味しいお酒とそれに合わせた料理が愉しめる事。(ベアードビール、自然派ワイン、シングルモルトウイスキー)…つづき読む

BBV_titel_ja_calendar
国内イベント
3月21日(金)&22日(土) スノーモンキー ビアライブ2014 @志賀高原

海外イベント
3月20日(木) ベアードビール発売記念パーティ @バンコク、タイ
 
 
main_footer2

ブライアンとさゆりからのメッセージ
ブライアンとさゆりからのメッセージ
2014.03.20 
ベアードビールファンの皆様へ。
 

変化は人生において、良くも悪くも絶え間なく訪れるもの。ほとんどの変化は、徐々に訪れるため、毎日の生活ではあまり感じない。しかし、時には、突然に重大で決定的な、避けられない変化もある。2014年の今年、創業14年目の当社にとっては、まさに後者の変化が訪れようとしています。今年は、大なり小なり、いろいろな変化があり、そのすべてが、当社がクラフトビール会社としてより良い方向へ成長するためのものであると、私達は信じています。ファンの皆様にも、ご理解とご協力いただき、温かく見守っていただけたらと願っています。

 

このベアードビールヴォイスもその変化の一つ。今までのように、季節限定がリリースされる毎に発行するのではなく、毎月2回、1週目と3週目の木曜日に発行されます。今までのメルマガよりも、幅広く、豊富な内容で、画像なども多く取り込んでいきます。

 

新ウェブサイトに、年間の季節限定リリースカレンダーを公開したのもその変化の一つ。ベアードビール取扱店の皆様にとっては、ベアードビールの限定商品の予約や注文が計画的にでき、そして消費者の皆様にとっては、そのカレンダーを見て、次は何を飲もうかと楽しみも増えます。

 

また、オンラインショップを、Yahoo!ショッピングに移行することも3つ目の重要な変化です。これによって、クレジットカード決済が可能となり、以前のものより、より効率的に注文できるようになります。現段階ではまだ簡易ページですが、よりよい内容にするため、商品数を増やすなど、魅力的なショップ造りを目指していきます。

 

いろいろな変化が起こっていますが、皆様からのフィードバックも、いいこと、悪いこと、すべて、遠慮なくお聞かせください。お待ちしています。

 

乾杯!

ベアードブライアン&さゆり

img_funders

 
 


季節のベアードビール・セラー
3月は、冬が終わりそして春が訪れる月。
2014.03.20 

beer_seasonal_img01_morningcoffee
 
春は、日本では新学期や新年度などの始まりや、新緑など生命が新しく生まれ変わる季節。まさに、クラフトビール革命がビールの世界にもたらしたもの、それが再生と復活である。そこで、3月はこの二つの言葉、再生と復活、をキーワードに、多様な季節限定ビールのスタイルをリリースし、祝います。
 
ブルワーのパッションシリーズ
2種類の伝統的なヨーロッパのエールであるミッドナイトオイルエキスポートスタウトラック・オブ・ザ・アイリッシュレッドエールをリリース。
外販用の在庫はほぼ残っていないが、ベアードのタップルーム各店舗や全国のベアードビール取扱店では、まだ樽で扱っているところもあるので、是非無くなる前に試して下さい。
 
大地の恵み・フルーツビールシリーズ
3月6日により道みかんボックがリリースされた(外販用完売)。このシリーズで次回出番を待っているのが、セカンドストライクアップルエール(3月27日リリース)。
 
マンスリースタイルシリーズ
モーニングコーヒースタウトがリリースされ、すでに外販用は完売となっていますが、各タップルームや取扱店ではまだ飲めるところもあります。次回、4月のマンスリースタイルは、四姉妹スプリングボックが待っています。
 
春夏秋冬シリーズ
春の限定として、3月21日にセゾンさゆりがリリースされます。
 
季節限定に関するご質問はinfo@bairdbeer.comまで。ベアードビール取扱店様からのご注文はorder@bairdbeer.comで承っています。
 
 


ベアードビール・テーブル
ベアードビール・テーブル第一回へようこそ!
2014.03.20 

これからいくつかのテーマについてお話したいと思いますが、このコラムでは主にビールとフードペアリングのすばらしい世界に焦点をあてます。

 

皆さんもよくご存じのように、ビールにはさまざまな風味と質感があります。
だからこそ、ビールとフードのペアリングは食通やシェフにとって可能性が広がっています。
「Complementary Pairing-コンプリメンタリーペアリング」というのは、2つの似た風味を一緒に味わうことです。
例えば、フルーツビールに使う果物と料理に使う果物を合わせることです。つまり、「より道みかんボック」とオレンジとはちみつの照り焼きスモーク・チキン・ウィングです。オレンジの風味がビールと料理の両方に生きています。さらにボックビールとはちみつの甘さも共通しています。

 

Mikan-Bock-and-chicken-wings

Actually taste the chicken, not just the sauce
ソースだけではなく、鶏肉本来の味を楽しむ

 

物事をより分かりやすくするために、5つの基本味―甘み、塩味、苦味、酸味、うま味―を取りあげてみます。5つの基本味には、素材の味と香りを引き出し際立たせるために、お互いの味を抑えたり引きたてる性質があります。
今回のテーマは「Complementary Pairing-コンプリメンタリーペアリング」(補完するペアリング)についてなので、デーツとくるみの入ったリッチな「トフィー・プディング」 と甘いミルク・スタウトやバーレーワインは、いい例となります。ビールの甘みがプディングの甘みを抑えるので、ローストされたナッツやバター風味のキャラメル、スパイシーなデーツの香りが一層際立ちます。

 

Sticky Toffee Pudding

 さらに、上にのせたホイップクリームは
スタウトのクリーミーな泡と似た質感となっています。

 

以上にあげたことは、フードペアリングの基本的な方法のひとつです。あなたもご自分で簡単に試すことができます。
 
次回タップルームにいらしたら、ビールとフードメニューから同じような風味の組み合わせを選んでみてください。合うと思ったものを注文し、料理を一口食べてビールを一口飲んでみてください。
その料理がまた一味違った、深い味わいになるでしょうか?
モルトの甘さが抑えられて、ホップのアロマが際立ちますでしょうか?
まずは試してみてください!

 

シャルキュトリ(生ハムやサラミなど、加工肉の総称)とピクルス、IPAとアイスクリームの関係は?!
次回のBaird Beer Tableではフードとビールの「Contrasting Pairings-コントラスティング ペアリング」(対称的なペアリング)を紹介します。それでは、cheers and happy eatings!

 

シェフ ジュン
Joon Ou

 
 


ブルワーの職人技
瓶へ、愛をこめて。
2014.03.20 

ビール好きなら、みんな誰もが瓶ビールを飲んだことがあるはず。
でも、瓶から直接飲むにしろ(うげ~)、優しくカップに注ぐにしろ(使い捨ての赤いプラスティックカップでさえ瓶よりはマシ)、ただの瓶に注意を払うような価値はないし、まじまじと見たりしないだろう。
しかし、瓶は醸造過程で重要な役割を担っているのだ。
そしてブルワリーには、効率的で効果的なビール充填機があることが重要なのだ。
 
私たちのビール充填機は、コンパクトなメヒ―ン・マーリン・フィラー、シンプルで作業がかなり速い機械だ。
瓶は一列6本に並べられ、6つの充填管の下の所定の位置に押し込まれる。
酸素を取り除くために、二酸化炭素が瓶に2度注入される ― 酸素はビールの味を非常に早く劣化させ、貯蔵可能期間を短くし、ビール好きをちょっとがっかりさせるのだ。
瓶にゆっくりと優しく充填され、酸素の混入をさらに少なくする。
瓶がいっぱいになったら、二酸化炭素が瓶の中に短いパルスで連続噴射される。
これで少量の泡を生成し、残っている酸素をすべて確実に外に押し出すのだ。
その後、6本の瓶はキャッパーの下に押しだされて、王冠が完全に圧着される。
 
The Meheen Bottle Filler

メヒーン ビール充填機

 
メヒーンの充填機の操作には2人の人間が必要だ。
1人が機械の後ろで、空の瓶をろ過水で洗い、その瓶を機械の上にセットする。
緩い傾斜面は、次の新しい瓶が回ってくるたびに、充填した瓶を所定の位置にスライドさせる。
スタッフには、充填中に他にもいくつかの重要なタスクがある。キャッパーが詰まっていないか、瓶がスムーズに装填されているかを確認する必要があるのだ。

彼はまた、空いた段ボール箱を潰し、瓶の入った新しい箱を取って、次のサイクルに備えなくてはならない。
 
Assistant Brewer Takumi Loading Empty Bottles

アシスタント・ブルワーのタクミが空瓶をセットしている

 
瓶は充填およびキャッピング工程を経て、外側を洗い流され、機械から抜き出されるようになる。
ここでは、ブルワーのヒロムが、完璧に充填された24本の瓶を、ケースに詰めるために持ち上げているのが見られる。
それから彼はケースを気温20度の二次発酵冷蔵室に運び、
ボトルコンディショニングに一週間ほど置いておく。
次の瓶のケースは1分少々で出てくるので、素早く機械のもとへ戻らなければならない。
瓶が床の上に落ち始める前に、そうなったら最悪だから。
瓶の数によって異なるが、全ての過程は、大体30分から2時間以上かかるのが常だ。
 
Brewer Hiromu Takes Care of the Full Bottles

中身のつまったボトルを取り扱うブルワーのヒロム

 
ボトリングは、大抵のブルワーの「最も恐れる仕事」のリストの中でも高位置につけているが、
ブルーイングの全過程中で最も重要な工程と言えるだろう。
だから、あなたがお気に入りのクラフトビールの瓶の栓をポンっと開ける時は、あなたに素晴らしいものを届けてくれた勇敢な男女に-そして素晴らしい機械にも-1~2ナノセカンドの一瞬だけでもよいので、立ち止まって静かに感謝してください。
 
乾杯!
Chris Poel
 
 
- – - – - – - – - – - – - – - -
クリス·プールは、
ベアード・ブルーイング・カンパニーのシニアパートナーであり、
ブルーイング事業部門のディレクターである。
クリスへのご連絡はchris@bairdbeer.comまで。
 
 


クラフトビール・ワールドの最前線リポート
香港クラフトビール事情
2014.03.20 

Beertopia
 
香港。海と山と摩天楼そして、ネオンが灯るドラマチックな風景が、創造的で活気にあふれた企業家のエネルギーに勢いを加えている。
 
猛烈に地元志向で、猛烈にグローバル、香港はユニークな都市だ。中国の、そして世界の最高のものがここにはある。しかし、長い間、この法則の例外はクラフトビールだった。香港は最も洗練されたワインマーケットのひとつに数えられている一方、他の国々と同じように、ビールマーケットは大企業のビール会社に支配されている。サン・ミゲルやハイネケンがそうだ。
 
しかし、ありがたいことに、時代は変わり始めている。レストランや倉庫の天文学的な家賃にもかかわらず、ガッツがあってビールが大好きな地元出身や外国人で香港在住の企業家たちが、日本やアメリカ、ニュージーランド、デンマーク、イタリア、イギリス、そして他の多くの国々からもクラフトビールを輸入し、卸し、小売りをしているのだ。
 
クラフトビール・フェスの「ビアトピア」も3年目を迎えた。このフェスは、よくプロモートされ、また運営もよくされており、クラフトビールを広い客層に紹介している。ビアトピアの波及効果は容易にわかる。年々ますます、地元のレストランやパブ、酒屋が顧客の希望に対応し、メニューにもクラフトビールを載せているのだ。
 
同様にわくわくするのは、おそらく香港でクラフトビールが継続的に成長する要素のひとつ―肥沃な森に生まれた新芽のように、地元のブルワリーが出現してきたことだ。注目したいのは、ブルーパブの「ティッピング・ポイント」とマイクロブルワリーの「ヤング・マスターズ」の2つだ。
 
Tipping-Point3

ティッピング・ポイント・ブルーイング・カンパニー、香港 中環(セントラル)

 
では、 香港のどこでクラフトビールを楽しむべきか?私たちのお勧めはここだ。クラフトビール好きなら誰でも一度は立ち寄るべきなのは、本格的なクラフトビール・バー「ザ・グローブ」。そして、「ラウンドハウス」は去年オープンしたばかりだが、静岡やカリフォルニア、コペンハーゲンから取り寄せた新鮮で味わい深いビールをサーブする24個のタップと素晴らしい料理(ちなみにベアード・タップルーム馬車道がインスピレーションを与えた)、そして温かいおもてなしが特色となっている。
 
Roundhouse2

ラウンドハウスにて、誇らしげにサーブされるベアードビール

 
Jeff Boda

ベーアドビールの香港の輸入元、
ジェフ・ボーダさんがラウンドハウスの前に

 
そしてまた、ティッピング・ポイント・ブルーイング・カンパニーでも、少量のクラフトビールと他社のクラフトビールがタップからサーブされている。ここでは、ベトナムやアメリカ、中国でキャリアを積んだシェフがそれぞれの料理のいいところだけを選んで調理した、シンプルでカジュアルな味わい深い料理が楽しめるのも魅力だ。
 
Sliders Tipping Point

ティッピング・ポイント・ブルワリーの
スロッピージョー・スライダーとサツマイモ・フライ

 
さぁ、香港に乾杯!これからもずっと、おいしいビールを楽しんで!
 
John Chesen
 
 
- – - – - – - – - -
ジョン・チェセンは、ベアードブルーイング・カンパニーのシニアパートナーであり、
セールスとビジネス・デベロップメント部門のディレクターである。
ジョンへのご連絡はjohn@bairdbeer.comまで。
 
 


こんにちは。ベアードビールを当店でどうぞ。
Brasserie & Bar finlaggan : 松島壮志
2014.03.20 

Finlaggan-Matsuhima-san
 
店名: Brasserie & Bar finlaggan
住所: 茨城県つくば市天久保2-9-2 リッチモンド二番街二階
氏名: 松島 壮志
職種: レストランバー
 
Q: お店の自慢または特徴、ユニークなところを教えてください。
A: ジャンルにこだわらず美味しいお酒とそれに合わせた料理が愉しめる事。(ベアードビール、自然派ワイン、シングルモルトウイスキー)
 
Q: どのようなお客様が多いですか?また、お店のある界隈はどんなところ?
A: 大学のすぐ近くにあるので学生さん、先生、研究者などが多いです。
 
Q: クラフトビールに目覚めたきっかけは?
A: 第二回リアルエールフェスティヴァルに参加した事。
 
Q: 無人島にいると仮定します。ベアードビールを1種類だけ選ぶことができます。あなたはどのベアードビールを選びますか?またその理由は?
A: やっぱりライジングサン。僕にとってのベアードビールの原点。個性的でありながらもいつまでも飲み続けられる飲み心地も兼ね備えた僕にとってのクラフトビールの理想型。
 
Q: あなたのお店の夢は?またクラフトビールの未来にかける夢は?
A: この店の夢はパブという文化をつくばに根付かせる事。クラフトビールの未来へは本当の意味で創り手やその土地を表現した文化として定着してほしいという事。
 
 


配信済み Baird Beer Voice
March 2014 Volume I
2014.03.07 

Baird Beer Voice img_main_visual_wpBBV_titel_ja_founder

ベアードビールファンの皆様へ、

 

ベアードビアヴォイスの記念すべき第1回目へようこそ!

 

2014年は、ベアードブルーイングにとって劇的な変化の年となりそうです。

最も大きな変化は、醸造設備と本社を、美しい自然に囲まれた伊豆市修善寺へ移転すること。移転を完全に終え、皆様へお披露目するのは、今年の6月1日の予定です。

Founders

その他の変化は、まさに実を結ぼうとしています。実はここ半年程、ベアードビールのウェブサイトの大幅なリニューアルに向け、密かに取り組んできましたが、本日この新サイトを皆様へ公開できることを大変嬉しく思います。皆様にとって、この新サイトが、情報にあふれ、おもしろく、また視覚的にも美しく楽しめるものであることを願います。しかし、これで完成、ではなく、私達は常に向上、発展を目指します。皆様からのフィードバックもお待ちしています。

以下に、6つの項目に分かれている新メルマガの内容を記します。私達が愛して止まないビールについて、皆様へ情報をシェアしたり、楽しませたり、または教育・啓蒙をすることを目的としています。このベアードビアヴォイスが、皆様にとって、興味深く、魅力的であることを願います。
乾杯!

ベアードブライアン&さゆり

BBV_titel_ja_cellar

morning coffee staut

季節限定ビールを造ることは、私達の情熱の一つ。これを通して、私達ブルワーは、ビール世界の途方もない幅の広さを証明することができ、ビールが本来持つ輝かしい多様性に敬意を示している。

私達の季節限定醸造は、多種多様を極めているため、計画を立て、管理することは、とても難しい。この緊急の問題を解決するために探し出した答えは、限定ビールを4つのシリーズに分け、醸造計画を構築し、各シリーズの年間リリースカレンダーを造ることだった。

その4つのシリーズは:
(1)春夏秋冬、(2)マンスリースタイル、(3)大地の恵み・フルーツビール、(4)ブルワーのパッション。
シリーズの説明と、2014年のリリースカレンダーはこちらを参照ください… つづきを読む

BBV_titel_ja_food

ランチはホッとできる隠れ家です。

息抜きのできる、その日の休憩時間というだけでなく、私たちのように朝はコーヒーとパンだけという人たちにとって、ランチは一日の中で最も重要な食事でもあります。

 

そこで、お知らせです。

「中目黒タップルームは、平日のランチタイムもオープンしています!」

 

ランチタイム・メニューは次のとおりです… つづきを読む

Pizza

BBV_titel_ja_craft

Devil


バージニア州ハートランド

 

大学の英語教師だったころ、私はよく「研究」と称して疑わしいアメリカ旅行に出かけた。

「アカデミックである」と分けのわからない格好をつけながらバカみたいに酔っぱらうことのできる、グレート・アメリカン・ビール・フェスティバルやナショナル・ホームブルワーズ・コンファレンス、そして面白そうなビール・イベントに参加することを企てた。

 

今現在、私はブルワーだから、このような旅行は正式なものであり、飲むことよりも学ぶことに、より重点を置いている。2014年2月初め、バージニア州レキシントンにあるデビルズ・バックボーン・ブルワリーへ行ったのは、まさにそんな旅だった… つづきを読む

BBV_titel_ja_ontheroad

ポパイ

オン・ザ・ロード・アゲインの第1回目を始めるには、30年もの間、日本だけでなく世界中のクラフトビール好きに愛されてきた場所に戻るのがふさわしいと思う。そこは、東京都墨田区両国のポパイ・クラフトビール・バーだ。

ポパイは、青木辰男氏が1985年に創業 -2000年に産声を上げたベアード・ブルーイング・カンパニーにとって、2番目のベアードビール取扱店であるポパイの使命は日本のクラフトビールの認知を高め、支えとなり、またそれを祝福することだった… つづきを読む

BBV_titel_ja_team

氏名: オウ ジュン
職種と職場: 全タップルームの総料理長
入社年: 2012年

 

ベアードビールやニッチな日本のクラフトビールの世界に興味を持ったきっかけは?

 

僕の故郷はオレゴン州ポートランド。

たまたまですが、ポートランドというところは、クラフトビールが地域カルチャーの一部。だから当然、来日してからおいしいクラフトビールを探していました。

そして、ホテルのステーキハウスで働いていた時に、ブライアンとジョンに出会い、「クラフト・ピザ」で食事のコンセプトを再生させるため、ベアード・タップルーム中目黒のヘッドシェフとしてベアード・ブルーイングに参加したというのがきっかけです… つづきを読む

Joon

BBV_titel_ja_calendar

タップルームイベント

3月1日(土)&2日(日) モーニングコーヒースタウトブランチ@全タップルームにて開催
3月15日(土)&16日(日) “パンク パトリックス デイ”@中目黒タップルーム

国内イベント

3月21日(金)&22日(土) スノーモンキー ビアライブ2014@志賀高原

海外イベント

3月11日(火) ベアードビール タップテイクオーバー@Roundhouse香港
3月13日(木)-15日(土) ビアトピア クラフトビール フェスタ @ウエストカオルーン ウォータフロント、香港。Hop Leafのブースでベアードビールを樽生で提供!
3月20日(木) ベアードビール発売記念パーティ@バンコク、タイ

 
main_footer2

ブライアンとさゆりからのメッセージ
創刊号メッセージ
2014.03.07 

ベアードビールファンの皆様へ、

 

ベアードビアヴォイスの記念すべき第1回目へようこそ!

 

2014年は、ベアードブルーイングにとって劇的な変化の年となりそうです。

 

最も大きな変化は、醸造設備と本社を、美しい自然に囲まれた伊豆市修善寺へ移転すること。移転を完全に終え、皆様へお披露目するのは、今年の6月1日の予定です。

 

その他の変化は、まさに実を結ぼうとしています。実はここ半年程、ベアードビールのウェブサイトの大幅なリニューアルに向け、密かに取り組んできましたが、本日この新サイトを皆様へ公開できることを大変嬉しく思います。皆様にとって、この新サイトが、情報にあふれ、おもしろく、また視覚的にも美しく楽しめるものであることを願います。しかし、これで完成、ではなく、私達は常に向上、発展を目指します。皆様からのフィードバックもお待ちしています。

 

以下に、6つの項目に分かれている新メルマガの内容を記します。私達が愛して止まないビールについて、皆様へ情報をシェアしたり、楽しませたり、または教育・啓蒙をすることを目的としています。このベアードビアヴォイスが、皆様にとって、興味深く、魅力的であることを願います。

 

乾杯!

ベアードブライアン&さゆり

 

img_funders
 
 


季節のベアードビール・セラー
季節のベアードビール登場
2014.03.07 

morning coffee staut

 

季節限定ビールを造ることは、私達の情熱の一つ。これを通して、私達ブルワーは、ビール世界の途方もない幅の広さを証明することができ、ビールが本来持つ輝かしい多様性に敬意を示している。

 

私達の季節限定醸造は、多種多様を極めているため、計画を立て、管理することは、とても難しい。この緊急の問題を解決するために探し出した答えは、限定ビールを4つのシリーズに分け、醸造計画を構築し、各シリーズの年間リリースカレンダーを造ることだった。
その4つのシリーズは:
(1)春夏秋冬、(2)マンスリースタイル、(3)大地の恵み・フルーツビール、(4)ブルワーのパッション

シリーズの説明と、2014年のリリースカレンダーはこちらを参照ください

 

総合して、2014年は48種類の季節限定ビールの醸造を計画し、リリース時期も決定した。
カレンダーに掲載されているリリース日は、ベアードタップルームで、その限定ビールがデビューする日。
全国のベアードビール取扱店様へは、月に2回発行するこのBaird Beer Voiceで季節限定のご案内を差し上げます。
ご予約やご注文は、掲載されているリリース日より2日前からお受けします。
order@bairdbeer.comへご連絡ください。

 

最新の季節限定ビールのリリースは、3月1日で、
3月のマンスリースタイルビールであるモーニングコーヒースタウトだ。
次回の限定リリースは、大地の恵み・フルーツビールシリーズの仲間、より道 みかんボックで、3月6日のリリースとなる。
これらの限定ビールの詳細はこちらを参照ください

 

そして、3月13日と3月17日(St. Patrick’s Day)には、
ブルワーのパッションシリーズから2つのビールがリリースされる:

ミッドナイトオイル エキスポートスタウト、そしてラック・オブ・アイリッシュ レッドエール
これらの限定ビールの詳細は、ウェブサイトの季節限定ビールのコーナーに、もうすぐ掲載される予定だ。
 
 


NEXT