"Celebrating Beer. ビールを祝福する。"
ベアード・ブルーイングは、
2000年にブライアン・ベアード&さゆり夫婦が沼津に設立した合資会社。
ビールへの深い愛情と、ビール醸造の歴史、伝統、文化に対する
尊敬の念から生まれた家族経営の会社である。

私たちのモットーは"Celebrating Beer. ビールを祝福する。"
人生のさまざまなシーンでビールを楽しむことにより
"その時"がいっそう豊かで実り多いものになると信じている。
ビールのある喜びに感謝。
情熱と哲学と伝統と
新しい発想から生まれた。
ベアードビール
「ベアードビールとは、
突き詰めると香りと風味・フレーバーを経験することである。」
ビールの製造過程でのこだわりは、
モルト、ホップ、酵母などの原材料をできるだけ加工せず、
それぞれの素材の素晴らしさを最大限に引き出すこと。
それぞれのフレーバーに感謝したい、そう考えている。

ベアードビールについて
世界中の、
どこよりもベアードを楽しめる場所。
ベアード・タップルーム
タップルームのミッションはシンプルで明快だ。
それは、ベアードビールを最大限に満喫していただくことである。
タップルームは我が家、お客さまは招かれたゲスト。
ブルワリーから直送の新鮮なベアードビールと、相性の良い料理、
そして居心地のよさで、おもてなししたいと考えている。
目的は、お客さまに幸せになっていただくこと。
友情と幸福な一日に乾杯!

ベアード・タップルームについて
2014年春、
ビールとの新しい恋が始まる。
ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺、
オープン。
伊豆・修善寺、狩野川のほとりに2014年春、
ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺が誕生する。
その昔、ビールの魅力の虜になったブライアンの、
ビールとの新しい恋がここから始まるのだ。
この地から、どんな個性豊かなビールが生まれ巣立っていくのか、
そしてあなたとビールとの、どんな素敵なシーンが見られるのか、
どうぞお楽しみに。

ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺について
2015.04.17  
2015年04月

  ベアードビールファンの皆さまへ、     世代の変化と文化の革命は、密接な関係にある。現在の全世界に広がるクラフトビールルネッサンスのきらめきを信じ始めたのは20世紀のベイビーブーマーの世代であった。ジェネレーションX(1965-77年生まれ)と呼ばれる私達の世代は、クラフトビールを育て、愛し、情熱を注ぎこんだ。しかし、このクラフトビール革命をメインストリームまで押し上げるのは、ミレニアム世代(1990-2000年生まれ)の若者たちだ。   アメリカでは、クラフトビールの市場は2010年以降2倍に膨れ上がっている。2014年の統計が発表されたが、クラフトビールの販売容量は、初めて2桁台に突入し、アメリカのビール市場全体の11%にまで成長した(売上高で換算すると19%!)。予想では、販売容量は2020年までに20%に到達するだろうと言われている。 […]


つづきを読む