"Celebrating Beer. ビールを祝福する。"
ベアード・ブルーイングは、
2000年にブライアン・ベアード&さゆり夫婦が沼津に設立した合資会社。
ビールへの深い愛情と、ビール醸造の歴史、伝統、文化に対する
尊敬の念から生まれた家族経営の会社である。

私たちのモットーは"Celebrating Beer. ビールを祝福する。"
人生のさまざまなシーンでビールを楽しむことにより
"その時"がいっそう豊かで実り多いものになると信じている。
ビールのある喜びに感謝。
情熱と哲学と伝統と
新しい発想から生まれた。
ベアードビール
「ベアードビールとは、
突き詰めると香りと風味・フレーバーを経験することである。」
ビールの製造過程でのこだわりは、
モルト、ホップ、酵母などの原材料をできるだけ加工せず、
それぞれの素材の素晴らしさを最大限に引き出すこと。
それぞれのフレーバーに感謝したい、そう考えている。

ベアードビールについて
世界中の、
どこよりもベアードを楽しめる場所。
ベアード・タップルーム
タップルームのミッションはシンプルで明快だ。
それは、ベアードビールを最大限に満喫していただくことである。
タップルームは我が家、お客さまは招かれたゲスト。
ブルワリーから直送の新鮮なベアードビールと、相性の良い料理、
そして居心地のよさで、おもてなししたいと考えている。
目的は、お客さまに幸せになっていただくこと。
友情と幸福な一日に乾杯!

ベアード・タップルームについて
2014年春、
ビールとの新しい恋が始まる。
ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺、
オープン。
伊豆・修善寺、狩野川のほとりに2014年春、
ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺が誕生する。
その昔、ビールの魅力の虜になったブライアンの、
ビールとの新しい恋がここから始まるのだ。
この地から、どんな個性豊かなビールが生まれ巣立っていくのか、
そしてあなたとビールとの、どんな素敵なシーンが見られるのか、
どうぞお楽しみに。

ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺について
2015.07.22  
2015年7月

  ベアードビールファンの皆さまへ、   ベアードの新しいブルワリーとなった修善寺のこの地に、最初に足を踏み入れた時、その自然の美しさに一瞬で心を奪われました。耳に聞こえるのは二つの音だけ;鳥のさえずりと狩野川の豊かな流れ。梅雨が終わり、暑い夏が始まるこの時期は、美しく茂った緑のお蔭で半分は木陰になります。雨が降っても晴天でも、素晴らしい自然環境の中でビールを造り、謳歌しているのだと、毎日実感しています。そして、その美しい水や空気、大地といった地球の資源を守るために、企業としての責任があるということも、日々考えさせられています。   このような自然に対する敬意や感謝を称し、そして企業としての責任を果たすため、私達は1年前に『1%for the Planet』という、世界規模で企業が参加し、地球の健全性や持続性を促進する団体に加盟することを決めました。これは、2 […]


つづきを読む